アニメ第152話「天は人の上に人をつくらず髷をつくりました」

ささっと簡易感想です。

銀魂・改。(いま記憶を頼りに感想書いてるんですけど、「改」ネタやったのって152話だったよね?)現在放送中の『ドラゴンボール・改』のパロディですね。ここだけ本当に画面のサイズがハイビジョン仕様の16:9になっているというネタの細かさ。しかも画面の上下切っただけって本家の方にまで手厳しいツッコミを入れているような。ナイス。

本編。万事屋が留守を任された床屋に将軍様がご来店する話の続き。いやーキッタナかったですね!ゲロとか近藤さんの茂みとかゴールデンレトリーバーのウンコとか、もう「下品」を通り越してもはや「グロ」の域です。将軍がなんか病気移されてる映像なんか斑点の色とか気持ち悪すぎる…!原作からしてもう相当酷い内容(褒め言葉)でしたけど、このアニメスタッフは躊躇するどころか思い切り踏み込んでますね。そんな、人によっては拒否反応出そうなギャグのオンパレードでしたが、将軍の車輪眼とかパツンパツンの顔ではカラッと大笑いできました。髪紐が一度弾け飛んでからまた引っ張りなおす所とか細かくて好きだなぁ。所々にそういう目に留まる作画があって楽しかったです。そしてこの回もまた”間”が絶妙でした。将軍の髷が落ちたシーンとか。総括すると、なんというか…将軍様の純粋さにこっちが泣けてきました。※『金魂』第2話感想はこちら。

あと、気になったネタ。銀さんのセリフ「下駄は鳴らせない」って、「ムッシュ」ことかまやつひろしさんの「我が良き友よ」の事ですよね?あの曲大好きですー。二〇〇六年つま恋ライブの拓郎さんとのデュエットは本当に最高でした。男っぽさがたまらんのです!
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-24 12:48 | 銀魂活画(アニメ)

<< アニメ第153話「寝る子は育つ」 風魔の与四郎先輩 >>