アニメ第153話「寝る子は育つ」

「みんな、アゴがケツみたいになればいい・・・!!」

もっさり簡易感想です。金魂第三話の感想はこちら

本編。神楽が深夜に眠れないのと銀さんに迫ってハァハァする話。ではあるんだけれどもこの奇跡的な色気の無さ。大好きです。原作でも好きな回で、アニメもとても面白かったです。銀さんと神楽のやりとりが兄妹親子のようで微笑ましいですね。可愛らしくてニヤニヤする場面がたくさんあったんですけど、いっぱいありすぎて何を挙げればいいのか分からなくなったのであえて書かない事にします。神楽の目がどんどんアップになっていって宇宙が見えたり瞼の毛細血管になったり目が分裂して画面いっぱいになるイメージ映像はかなり怖かった・・・!個人的にはジュリーの話よりも怖かった。「三分で泣ける話」はオチを知っていながらも切なくなってじーんときてしまいました。真面目で丁寧な作りなだけにオチのショッキングさが際立つ訳ですが。

昼間によく働けば夜は自然に眠くなるってのは本当ですね。言われてみれば私も最近は寝苦しい思いをしていない気がします。去年度までは本当に銀さん並みの怠惰な生活を送っていたからなぁ。高校通ってた頃も昼によく動いてはいましたけど心労で眠れなかったですし。いかに昼間に働いても、ストレス溜まってきたらまた眠れなくなるんだろうな…。過度にストレスを溜めないよう調整できるようにならなきゃ。

エンディング。ちょ、役名「お前の後ろにだァァ」て!
阪口さんは今回は「新八」じゃなくて、あくまで「ケツアゴ新八」で出演なのね。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-26 12:18 | 銀魂活画(アニメ)

<< いーか喜三太 よーく聞くだーよー アニメ第152話「天は人の上に... >>