『落乱』第四十五巻購入(盛大ネタバレ注意)

先に銀魂二十八巻の感想上げるつもりだったんですけど、こっちがあまりにニヤニヤする内容でガーッと勢いで感想書き終わってしまいました。(もうすぐ大型連休なので銀魂関連のネタも一気にできるかなと思います。)今回もみっしり濃密で読み応えありました。


落第忍者乱太郎 45 (あさひコミックス) (あさひコミックス)

尼子 騒兵衛 / 朝日新聞出版

・第1章「暗殺者を追いかけての段」
・第2章「中庭には危険がいっぱいの段」
・第3章「あの鐘を鳴らすのは誰だの段」
・番外編「くせ者まんが」

裏表紙は風魔流忍術学校の六年生・錫高野与四郎先輩です。普通に制服で出てくるとばかり思っていたら白装束の行者姿で見た瞬間本気でドキッとした…。「34巻で1コマ登場」ってことは、三四巻の二〇八ページの風魔忍者隊で一人だけ顔が描かれていたのがやっぱり与四郎先輩だったのかな。方言丸出しでいつも笑顔の大らか~な好青年ですが、この四十五巻ではなんだかウラもありそうな素振りも見せたりして一気に魅力が深まっていました。

※原作者選曲の風魔のイメージソング⇒中/島/み/ゆ/き サバイバル・ロード (ようつべより)
とてもシビアな曲です。歌詞も聞きようによっては忍者っぽいかも。何気なく相手に近づいて油断させて罠に嵌めてすっと闇に消えるイメージ。

本編はちょっと珍しいくらいにバトル・アクションが多かったです。テンポ良いし色んなキャラが出てきたし(本当に多かった)、ポーズとか構図がいちいち格好良くて見惚れてしまいます。コマのひとつひとつが一枚絵としての完成度高いんだよなぁ。四年生大活躍(特に綾部は初の大舞台?)でしたけど、個人的には与四郎先輩と団蔵に惚れた巻でした。二人ともかっこよすぎんべー!

e0002518_0553437.jpg
e0002518_057345.jpg
喜三太(*´д`*)






■上の団蔵は本当に男前でした。この後の展開はもしジャンプだったならば死亡フラグ立てられまくって《ドす部下「奴は俺が始末した」 乱太郎「なん…だと…」》というやり取りがされた挙句半年間くらい生死不明のまま放置されていたに違いない。団蔵目が輝いてるもの。「これが俺が最後に見たアイツの笑顔だった」って顔してるもの。落乱に限ってそれは無いと分かっていながらもちょっとドキドキしましたよ。だって川に落ちる「ちゃぽん」って音があまりに儚くて…潮江先輩が持たせてくれた十キロ算盤で戦うのなんか『ふしぎ遊戯』の柳宿の最期を思い出してしまって…(良かったよ二十ページ後には普通に復活してて)。終盤はそれくらい少年的に熱かったです。泥だらけになりながら必死でドす部下の足にしがみ付いてた乱太郎も、顔から出るもの全部出しながら見事二町先の鐘を狙い撃った虎若も、よく頑張った!えらい、えらい!(ぶーんぶーん) やっぱり一年は組が活躍してくれるのが一番嬉しいなぁ。


■風魔流忍術学校の皆さん行者姿が凛々しいです。山野先生素敵。そうか風魔忍者はもと山岳行者の兵力集団なのかー。神奈川西部で修験道といったら箱根でしょうか。喜三太と与四郎先輩はのほほん癒しコンビですね。二人が一緒にいるシーンがことごとく可愛らしくてほわほわします。仁之進さんすらも愛らしいです。めんめんくじらみたくなった喜三太をニコニコおんぶする与四郎先輩とか、先輩の背中でよだれ垂らして安らかに眠りこける喜三太とか、木の陰で喜三太とぴったりくっ付いてる仁之進さんとか…全部のコマがいちいちツボを突いてくるんだから。それはそうとナメクジのこと方言で「めんめんくじら」って言うんですね。なんか可愛い。

■そもそもの発端であった斉藤家が元ウスタケ忍者であった事が判明しました。これでひとつ伏線回収ですね。綾部はとことんフリーダムだったなぁ。与四郎の顔が食満に似てるから方言キャラで差をつけようとしてるとか、良いんだそこ触れちゃっても…。いつも無表情な綾部だけど今回は割と表情豊かでした。それから滝夜叉丸や三木ヱ門とのように愛器(鋤)に「踏子ちゃん」「テッコちゃん」などと名前を付けている事も判明。いつかタカ丸も自分のハサミとか櫛の名前を言い出しそうだ。

■これ電車の中で読んでたんですけど、「ケマトメアターック!!」で思い切り噴いてとんだ不審人物になってしまいました。どうしてくれる。その後も「ギンギンレシーブ!!」「フーマトス!!」「うおりゃああああいけどんスパーイクッ!」と次々畳み掛けられて真顔で読めなくなって、ついに読むのを一時中断するハメに…。しかもこの展開、あの歌を思い出さずにいられない!⇒【RKRN】忍術学園で原作イ.メ.ー.ジ.ソ.ン.グ.ニ段目 二曲目の小平太のイメソンとこの焙烙バレーの内容がほぼドンピシャ。尼子先生これ狙って描いてらっしゃる?


■あとはツボったところなど箇条書きです。
・カバー折り返しの滝夜叉丸が素敵 本編の桃柄の着物はツッコミ所でしょうか
・しんべヱすらも気まずく感じる晩ごはんなんてそう無い
・喜三太「予備がある」って言った!
・文次郎がいきなり現れて妙にドキッとした
・凄腕さんの流星錘かっこいいなー 落とし穴から頭だけ出してるのが可愛い
・綾部「ウンコミックス」言うなwww
・何気に伊助に蹴られてる三治郎となんだか楽しそうな喜三太
・ワクワク一年は組
・小平太の髪の長さにときめきます 下ろしたら尻までありそう
・それってつまり「敵と遭遇する前に作戦を考えておけ」って事だと思うよ方向音痴組
・鉢屋は人を怒らせる天才なんですねわかります
・一八四ページ~一八六ページら辺の風魔組にとにかくきゅんきゅんする
・与四郎先輩がコマを貼り合わせるのに使ってるシールが可愛い
・旗取り合戦をする兵庫水軍の十代たち 砂に埋もれてるのは航かな?
・それにしてもこの仙蔵ノリノリである 小平太が暴君なら仙蔵は魔王とでも言おうか
・虎若のゴルゴ顔
・ドクササコの凄腕忍者の部下の白目さん可愛い この人も若そうだなー
・二三五ページの与四郎先輩は制服のトーン貼り間違いですよね 食満かと思った


■番外編 くせ者まんが
読者からの熱いリクエストに応えてタソガレドキ軍忍組頭(三十六歳)登場。部下の名前も初お披露目。しかも十九歳ってめちゃくちゃ若いな!おせんべを頬張る彼の愛らしい姿には既に多くのファンが付いていることなのでしょう。しかも雑渡さんの分まで掃除洗濯武器の手入れも全部こなしてるなんて女子のハート鷲摑みですよこりゃ。雑渡さんはもう医務室の常連っぽい雰囲気。名前入りの湯のみまであって…と思ったら「こなもん」って微妙に間違ってますね(笑)伏木蔵が書いたんだきっと。

■おまけ四コマ「医務室まんが 頑張れ保健委員会」
潮江先輩の胸囲は何センチでしたか?(ナチュラルにセクハラ発言)

■次巻予告
五年生に新キャラ登場フラグ。乱太郎の背後の「混合ダブルスサバイバルオリエンテーリング」の文字が激しく期待させます。十八巻以来のサバイバルオリエンテーリングで、その新キャラの五年生と乱太郎が組む事になるのかな?というか『九年目のプリンス』って…噴いた…!食満はもう公式でもそういう扱いなのね。
[PR]

by shougetu16 | 2009-04-28 01:04 | 忍たま・落乱

<< 単行本第二十八巻 感想 いーか喜三太 よーく聞くだーよー >>