早く喧嘩しろよ

e0002518_19272074.jpg
単純だけどもえげつない、それが落とし穴という罠。十七期六週目の感想です。

■「ナメクジは救世主の段」
ナメクジはカタツムリと比べると出す粘液の量が段違いで、石鹸で二度ごしごし洗ってもヌメヌメが落ちないくらいにしつこいです。寄生虫を持っている事もあるので、ナメクジに触ったら直ちに念入りに念入りに手を洗いましょう。カタツムリに触った場合も同様に!むしろ触らないのが一番なんだけど…ナメクジって可愛いよね。●いつもの事だけどユキちゃんの声がえろい。

■「休みの日の父ちゃんの段」
ほっこり心が洗われました。風鬼・ふぶ鬼父子には前にも泣かされたんだよなぁ…。『忍たま』で描かれる親子・家族像がほんと大好きです。親子だけじゃなくて先生と生徒、先輩と後輩、師匠と弟子といった“人間関係の在り方”が私にとってどれも理想的で、とても憧れます。きゅんきゅんするなぁ。いいなぁいいなぁ。

■「馬借組合の清八の段」
録画失敗。人災でした。

■「牧之介の噂の段」
録画せず。代わりに録画した銀魂感想はこちら

■「綾部喜八郎の段」
メイン回獲得おめでとう綾部。しかもいきなり入浴シーンからの登場でした。細い身体してるくせに意外と胸板がたくましかったです。●延々と落とし穴を掘り続ける黒い表情が素敵。●冒頭の名前を間違えるネタ、中の人繋がりですぐさま桂を思い出しました。パロ絵とか前から描きたいとは思ってるんですけど何となく手ェつけてません。あやとりじゃない!綾部だァァァァ!!

■「しぶ鬼の父ちゃんの段」(十一期再放送)
土井先生とキャプテン達魔鬼がカッコ良すぎた。『忍たま』らしからぬシリアスな空気とアクションに痺れました。セリフからして達魔鬼初登場か、登場間もない頃の話なのかな?天井裏床下の鬼ごっことか森での忍具バトルはテンポ良かったし、土井先生のアップのイケメン作画なんかもあって見応えありました。良いですねたまにこういう回があるのも!
[PR]

by shougetu16 | 2009-05-10 19:32 | 忍たま・落乱

<< 【パロディ漫画】ムギメシと豆パン さっき描いたやつを公開してみる >>