アニメ第159話「「みかんは一個腐るといつの間にかダンボール中のみかんを腐らせる」

アニメ銀魂感想もすっかり遅くなりましてございます。しかもまだ158話を観られていないのに159話の感想を書いちゃうという横着っぷり。なんか、色々間に合いません。

●寺門通親衛隊VS通選組のシリーズの三回目。アバン(笑ってよきかな)→Aパート(本編1)→Bパート(本編2)→おまけ(銀八先生)という構成でした。本編を引き伸ばさない迂回ルートにこだわるようです。

●アバンはもう3回目の「笑ってよきかな」。このシリーズ中はどうあっても挿入する気なのでしょうか。冒頭の青年隊っぽい人たちと多毛さんの歌は毎回微妙に歌詞が変わって?ますかね。これまでも散々愚痴ってきた予算の件を歌に乗せてしつこく愚痴っているぶっちゃけた歌詞です。本当になんで予算上がらないんだろう。無反応な観客に笑ったけど、それ以上に恐ろしかった…。ゲストの土方が結局出ずじまいなのも何気に笑えました。

●本編、タカティン登場。銀さんの外国人訛りな喋り方がいい感じにイラッときます。ラストでタカティンとヘイ!ヘイ!ヘイ!とかパンパンやってるところも悪ノリ具合が伝わって楽しい。一番悪ノリしてたのはタカチンのモザイクをあえてアップで映すアニメスタッフさんですけどね。あとは、ほぼ原作通りの進行で特筆することも無いかなぁ。銀さんを信じて一人ひた走る新八は熱くて格好良かったです。近藤さんの登場シーンも格好良かった。
[PR]

by shougetu16 | 2009-05-31 17:01 | 銀魂活画(アニメ)

<< 090605 特に意味はない 出たァァァァ >>