DVDシーズン其ノ参第11巻 感想


銀魂 シーズン其ノ参 11 [DVD] /アニプレックス

第140~第143話までを収録
OP:「アナタMAGIC」monobright
ED:「輝いた」シギ

★初回限定版のみ封入
・シリーズ後半収納・万事屋ポーチ(プロトタイプver.)
・描き下ろしススペシャルトリオアナザージャケット(神威・阿伏兎・鳳仙)
・特製カレンダーカード
・シーズン其ノ参全巻限定版購入者特典応募券⑪

★映像特典
第12期ED「輝いた」のノンクレジット映像





■収録内容
第140話「晴れの日に雨傘さす奴には御用心」
第141話「喧嘩の横槍は危険」
第142話「人生は選択肢の連続」
第143話「四本足で立つのが獣 二本足と意地と見栄で立つのが男」※感想は書いてません

吉原炎上編のテンション最高潮。バリバリに動きまくるアクション作画と声優陣の熱演・怪演にゾクゾクさせられっぱなしの巻でした。阿伏兎が本当にカッコ良い。(本誌の人気投票で結構上位に食い込んだみたいで嬉しかった!)大塚忠芳さんの「俺は共食いは嫌いなんだ」は特に耳に響いて最高にゾクッときたなぁ。それと匹敵するくらい鳥肌立ったのが、腕を折られた神楽@釘宮理恵さんの絶叫でした。あれには胸がざわついた…!目覚めそう…!

ドラマ的にもかなり壮絶なところだよなー。日輪・晴太の母子物語であり、神威・神楽の血の物語であり、新八・神楽の成長物語であり、天人に侵食された世界という重い根幹設定を再認識させられる物語でもあり。日輪と晴太が親子になる場面もじっくり見てると涙ぐんできます。とにかく1話1話の内容がとても濃い。アイキャッチが入るたびに「あれ、まだ半分経ってなかったっけ?」と我に返ることしきりでした。ただただ見入ります。


■初回特典のプロトタイプ万事屋ポーチ
e0002518_1253144.jpg
金丸君・池沢さん・古橋さんがあしらわれたポーチです。全然可愛くない。だがそれがいい。
[PR]

by shougetu16 | 2009-07-02 12:11 | 銀魂活画(アニメ)

<< 忍たま十七期感想・十二 二〇〇九年 上半期まとめ >>