『サイボーグ009』が熱い

先週の金曜日『化物語』でも見てみようかなと思っていたのに『サイボーグ009』を読みふけっていたらいつの間にか放送が終わっていました。


サイボーグ009(第1巻)(Sunday comics―大長編SFコミックス)
秋田書店
石森章太郎

という訳で今『サイボーグ009』読んでます。人類の暗い現実を抉り出し、戦争への怒りと世界平和への願いを真っ向から訴えてくる作品。まっこと世に“名作”と呼ばれるものは、時代が移り変わってもその魅力が褪せることはないのだなと感じ入りました。まだ六冊くらい残ってますけどすごく面白いです。今読んでも全然古くないし、少年漫画でしか味わえない熱さとドキドキでいっぱい。科学から神話までをもテーマに、多国籍なヒーローたちが地球上のありとあらゆる場所で活躍するスケールの大きさもすごい。けど、こんなに切ない寂しいヒーロー物語は初めて見ました。ヨミ編のラストはあまりに印象的。自分がこれまで読んだ漫画の中でも屈指の名シーンになりました。002と009の会話が…少女の台詞が!ああ…!

『サイボーグ009』は一九六〇年~七〇年代に描かれた作品。冷戦、ベトナム戦争、オイルショック、貧困、人種差別、禁止薬物の横行、環境破壊といった当時の時代背景が色濃く反映されているのですが、今の世の中は009の時代から少しは前進できているのか?と考えさせられます。

なぜ戦争って未だになくならないのでしょうね。
[PR]

by shougetu16 | 2009-08-02 15:54 | 私的瑣談(雑記)

<< 忍たま「迷子厳禁の段」感想(友... 私も好きだが… >>