銀魂 第169話「導かれしバカたち」

たまクエ3回目。原作2話消化。原作のもうひとつのサブタイトルは「パーティーに勇者が二人いるとメダパニと同じ効果がある」でした。水と油、ケーキとラーメン、塩素系カビ取り剤と酸性洗剤のように「相性最悪」「混ぜるなキケン」という教訓です。




(アニメ感想)

●白血球王をパーティに加えいざ大魔王の城へ。銀さんと白血球王の必殺技の応酬が無駄に大迫力だったなぁ。技の名前と解説文が一瞬だけ出てくるのがツボでした。解説文の内容も面白いんだけど、あれ視聴者に一切読ませる気ないな!録画したのを一時停止でもさせないと常人の目には追っつきません。

●やっすいブービートラップに引っ掛かる白血球王。手首が千切れたとしか思えない出血量でした。

●ナイスタイミングで次回へ続く。たまの姿で勝ち誇って高笑いする獏大魔王に、容赦もクソもないキックをかます銀さんは爽快でした。一切の虚仮脅しは通用しない、よっしゃそれでこそ銀さんだぜ!しかし中身が獏大魔王とはいえ、たまの顔がとんでも酷いことに!惨い…。表情つくって感情のこもった喋りをするたまっていうのも今まで見たことなくて面白かったです。
[PR]

by shougetu16 | 2009-08-07 13:43 | 銀魂活画(アニメ)

<< 今朝の地震 090805 『サイボーグ00... >>