本を読まない子はろくな大人にならんけんね その2

もう終わりかと思いきやまだ続いています。今回は小説から離れてみましょう。
e0002518_23441634.jpg

武士道 (著・新渡戸稲造)






えらそうに紹介なんかしちゃってますが実はまだ読みかけ。突然に「武士道ってなんだ」という思いに駆られ、新渡戸稲造が英語で著して世界的なベストセラーとなった(らしい)本書を購入。
武士道と聞くと「古臭い」と思われる方もいるかもしれませんが、「なんか格好いい」という印象を持つ人が大半だと思います。武士道に感じる雄雄しく鋭い厳格な格好良さというのは義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義の美徳にあり、日本人の奥底に眠っている精神であります。
海外の技術や風俗を素早く取り込み独自の工夫を加えてすっかりモノにしてしまう(マネ)というのは日本の得意技ですが、まったくオリジナリティが無いわけではありません。わかるようでわからない、「武士道」という日本の侍独特の美意識を改めて見つめてみしましょう。

司馬遼太郎作品の武士道
司馬の描いた“人間の芸術品・武士”の様々な「死」を、切腹、自刃、斬首、暗殺、闘死などに分類し、七歳で切腹の作法を学ぶ武士の死と生の意義を読み解く。(オビより)
時は幕末、安政の大獄の井伊直弼から、えー・・・・・・・・いつまで・・・・・・・・・・・・

えー・・・と・・・・
まあいいや





ゆるゆるとした日常に思う

誕生日だからっていうんで、母ちゃんが本を買ってくれました。
まずよく行く本屋で2冊購入。そこで銀魂が平積みにされ直されていました。人気出始めたな~。
もう一軒で2冊買ってさあ帰るかという時に刀槍やら銃やら大砲やら手裏剣やらが載った「日本の武器」を集めた雑誌(タイトルは失念)に熱中してしまい、母ちゃんを困らせました。


この記事のタイトル「本を読まない子はろくな大人にならんけんね」というのはある映画での宮部みゆきのセリフですが、最近よく言われている「子供の活字離れ」とあわせると深く考えさせるものがあります。

原因は知りませんが、ゲームの発展やらネットの普及やらで活字に目を向ける子供が少なくなってきたのかな?私も小学生のうちは味気の無い活字ばかりの本が嫌いで、寝る前に必ず読書をしている母の気が知れませんでした。小3の時(ポケモンブームの頭の時)ゲームを買ってもらって熱中していました。(その時から明らかに目が悪くなり始めました)
しかし中学には「朝の読書タイム」というのが設けられていて、読むものがなくても本を探さなくてはならないハメになりました。幸い母の蔵書が大量にあるおかげで探すのには困りませんでしたが、結果、空き時間は常に読書するほどの読書好きになりました。
子供の活字離れ対策に、学校で読書させる時間を作るというのはとても有効だと思います。一回ハマればそうそう抜け出せる趣味ではありません。私はうまいことその策にひっかかりましたよ。

「本を読まない子はとくな大人にならない」の言葉には私もひそかに賛成しています。昔話でも学会の論文でも何でもいいですが、読書というのは人間性の豊かさの育成になると思います。
たくさんの本を読むということはその数だけの他人の考えに触れるという事。違う意見はもちろん、同じ意見でも人によって視点が違うのは当たり前、多くの人の考えに触れる事で自分とは違う見方ががあるのだという事を知り、新たな発見をし、それが柔軟で広い視野を持つことに繋がるのではないでしょうか。
また知識の吸収も楽しみのひとつ。知るのが楽しくて楽しくて、ある人物の言葉を借りれば「脳髄が満たされていくよう」な快感があります(私には)。でも覚えるだけじゃ機械と変わりませんからね、知識は「身につけ行動に表す」のが肝心です。
そして何より、本の中の異世界に浸ることですね。文字だけなのでその分を頭で補って、脳を活性化。想像力を豊かにさせる効果もあるかも?

現実でもネットでもよく思うんですが、自分の言うことがすべての基準だと信じ込んでいる人が多いような気がします。それは物質的なことや知識的なことなどハッキリ決まっていることならいいんですが、道徳やら何やら抽象的な事に対してはちと乱暴過ぎだと思います。自分が正しいとしたいあまり他人の中傷に走っているのも頭の悪いやり方です。自信を持つのは結構。でも、もっと高い位置から物事を見られるようになりましょう。

「本を読む子は成績が伸びる」というのも本当だと思います。活字を追うという行為は、ゲームなどよりも脳をよく使うことができるらしいです。伸びるのは特に国語分野ですよ、しかも国語は全分野に通じるところがあるので全体的に伸びる。多分。

今まで読書しなかった人、何でもいいから始めてください。それで自分の視野の狭さ、認識の甘さ、頭の干からび具合を思い知ればいい。私はいつも思い知らされています。思い知らなきゃ次に進めません。

それでずぶすぶと、活字中毒に陥っていくのですよ。
[PR]

by shougetu16 | 2005-11-06 00:02 | 私的瑣談(雑記)

<< 第九十三訓  バカとワルは高い... 第九十二訓  傘の置き忘れに注意 >>