DVD4巻 感想

e0002518_13563273.jpg銀魂4

第十一話~十四話収録

OPテーマ:「Pray」 Tommy heavenly6
EDテーマ:「風船ガム」 キャプテンストライダム
        「MR.RAINDROP」 amplified


お楽しみのジャケット裏は・・・・・・ニヤリとした。

◎映像特典
・テレビ東京で放送された一時間スペシャルアバン
・テレビ東京で放送された一時間スペシャルエンディング
・テレビ東京で時々放送される番組直前予告(第十三話)

◎初回限定版のみ封入
・ジャケットサイズコレクションカード
・特製千社札シール
・シーズン其ノ壱全巻購入者特典応募券④





■第11話「べちゃべちゃした団子なんてなぁ団子じゃねぇバカヤロー」
一時間スペシャルの前半一話。スペシャル二話でお登勢さんをプッシュするアニメスタッフの心意気が好き。話の繋ぎがどうも上手くいっていないので、酢昆布や「じゃいじぇん教授」等のストーリーには関係無い小ネタの方が印象に残りました。


■第12話「第一印象がいい奴にロクな奴はいない」
一時間スペシャルの後半。来宮良子のナレーションから入る「演歌の花道」的導入。
神楽の「もうすぐレジの金がまるまる手に入るんだから」とか「人はねるのに免許なんて必要ない」とかすごく好きなセリフだったんですけど、道徳的配慮からかカットされていました。残念。キャサリンは妙にしおらしかったなぁ。お登勢の回想シーンの銀さんが妙に格好良かったです。

一時間スペシャルだったので、テレビで流れたEDは映像特典として収録されているスペシャルバージョン。これまでの名場面を少しずつ見せる総集編のような作りで、最終回を観ているかの如き感覚に陥って寂しくなりました。非常に悲しかったのは、「となりのペドロ」と「ゲロ戦記」のCMが収録されていなかった事。ぶっちゃけ本編より面白かったのに!大好きだったのにー!!怒られちゃったのか!?


■第13話「コスプレするなら心まで飾れ」
注意のテロップは確か「(略)はなれて見てくださいみゅ」だったかな?原作では三話の続き物だった話を一話に纏めているので、駆け抜ける様なスピーディな展開で一気に魅せられます。銀さんの過去(トラウマともいう)に触れるシリアスな話だったので、セリフの一つ一つにもぐっと来るものがあり作画や演出にも力が入っていて、格好良く仕上がっていました。銀さんに惚れ直したよ。しかし演出面で一番気合いが入っていたのは神楽のスリットのはためき具合・太ももチラチラではないでしょうか。
クラブのトリ男のシブ声と、陀絡の声が意外。両者を逆にしたくらいの声をイメージしてました・・・・というか陀絡が中尾隆聖氏!「フリーザ気取り」どころか本物のフリーザ様だよ!まさかのキャスティングです。

追記:銀さんが神楽を抱えてジャンプする時に叫んでいた「はひふへ ほー!」ってばいきんまんネタだったのか!全然気付かなかった。これも中尾隆聖つながりですね。


■第14話-A「男にはカエルに触れて一人前みたいな訳のわからないルールがある」
一回で三話(二話+a)放送のため時間が一杯一杯な印象。真選組の絆のエピソードにじんわり浸らせて、爽やかな余韻を与えてくれる“間“があまり取れていない感じがしました。この話は「護るべきもの」というテーマで前回の銀さんと対のエピソードになっていると思うので、もう少し時間にゆとりを持たせて丁寧に作って欲しかったです。しかし全体的にはまぁ良かったかな?真選組はやはり格好良い。


■第14話-B「脇だけ洗っときゃいいんだよ脇だけ」
オリジナルでもっと拡げられる話だっただけに、半分足らずの時間で収められてしまったのが残念。神楽とそよ姫が色んな所に行って遊ぶ場面だけでもかなり作れたと思うのですが。しかし年頃の女の子二人が仲良く遊ぶ様子とか真選組のやりとりとか、見ていて和む場面が多かったなぁ。好きな話です。近藤さん肩の傷はもう大丈夫なの?

三話目・・・というかおまけは「今日も料理」なる料理番組仕立て。サザエさんネタをやりたいがために作られただけのような…おざなり感が目立ちますね。銀さんのフリフリエプロンのがっかりな感じに笑。お妙さんは可哀相な卵焼きしかネタが無いなぁ…。
[PR]

by shougetu16 | 2006-10-28 13:54 | 銀魂活画(アニメ)

<< 第百三十九訓  合コンは始まる... 第百三十八訓  ロフトに行けば... >>