アニメちょこっと感想 「恋にマニュアルなんていらない」

電車侍新八、猫耳娘エロメスに萌えるの巻。

あの話が、大した改変も無くほぼ原作通り。
これは事件です。

ネットでの遣り取りのテンポの良さや、
新八を使ったスタッフの自虐ネタが素晴らしい切れ味でした。
ネタの変換の仕方がとにかく巧い。
「おしべ めしべ」にはマジでやられた・・・。
声にならない笑い声をあげている自分が不気味でしたよ。
原作には無かったオタ的な要素が混入されているのも、
『電車男』のパロディらしくて良かったです。
下ネタも本当に危ない所だけ絶妙に回避しているし。
(それでも微妙に避けきっていない感じがクセになる。)
これが出来るならキャバクラくらいなんのその!
・・・と錯覚してしまうから恐ろしい。

時間移動してからの銀魂は実に出来の良い回ばかりだし、
アニメスタッフ達の心意気にも感服させられるけど、
無茶し過ぎないでね!?マジで!!
[PR]

by shougetu16 | 2006-12-08 14:24 | 銀魂活画(アニメ)

<< 第百四十五訓  誰々のためにと... 第百四十四訓  洋楽は皆うろ覚え >>