アニメ第43話「キャラクターはシルエットだけで違いがわかるように描き分けよう」

「NARUTO疾風伝」冒頭のまるで劇場版のような神作画に驚き。九尾すごい力入ってるなー・・・・・・じゃなくて、銀魂の感想です。





(アニメ感想)

神楽の後釜、新ヒロインの座争奪戦。テンポの良さはそれ程でもなかったけど、お通ちゃんのイメージや長谷川さんの妄想など全体的に巫山戯ていて良かったです。下ネタはもう、「心配するだけ無駄」と脱力しきって観られるようになってきたなぁ。元が既にスレスレなのに、それに輪をかけた発言を追加した股間トークをさらりとこなしてしまうその堂々たる構え、呆れると同時に非常な頼もしさを感じます。

お登勢丸とかマダオ指令の声優繋がりのネタもイイですねー。長谷川さんは元々外見がそっくりだから、一回観た時は碇指令のパロディとは全く気付きませんでしたよ。だってあんまり違和感無いんだもの。アニメならではのこういうネタは非常に楽しいのでもっと見てみたいです。新八が「マスキッパ!」って鳴いたり桂が「歌はいいねぇ」とか言ったり・・・無いかな・・・。

個人的MVPはキャサリン。恐怖の腹チラセーラー服のはっちゃけぶりも素晴らしかったけど、何より杉本ゆうの演技がハマっていて実に面白い。「ニャンボワザァ」も「ニャンバセバァー」も「ニャンドロシー」も全部お気に入りです。

ただ、お妙さんをもっと分りやすい貧乳に描いて欲しかった!そこが残念です。せっかくの貧乳設定なんだから、そこは最大限に生かさないと!漫画・アニメのキャラにはパットなど不要なのです。


随分早めに終わったなぁと思ったら、もう次の話に入ってる!?「時間が余っちゃったから」と公言してこういう事が出来ちゃうのはギャグアニメならではですね。時間も週もあって無いようなもの、なんかもう自由奔放だぁ。ウェイトレスさっちゃんの足 色っぺー!

短い時間の中 必要最低限のシーンのみでさくさくと進められた上に、ボケの連続とツッコミによるオチっぽいノリで終わったので、次話の導入というよりもおまけのような感覚で観ました。服部サン楽しみー。
[PR]

by shougetu16 | 2007-02-16 15:26 | 銀魂活画(アニメ)

<< 第百五十三訓  電車に乗る時は... 第百五十二訓  人の短所を見る... >>