アニメ第47話「さくらんぼってアレ桜の木になるの?」

子供の時にだけ あなたに訪れる 不思議な出会い





(アニメ感想)

「もうすぐ終わりだと思ってトバしすぎた(笑)」― 提供画面より
まだ力尽きないでください、これからもまだまだあるんだから。

銀さん金縛りにあうの巻!冒頭いきなり金縛りにあっている銀さんが、およそ5分 心の中でひたすら叫ぶだけという珍状況にやられました。こんな動かない絵で5分稼いでしまおうという投げ遣りな姿勢もすごいですが(“投げ遣りな姿勢”自体も1つのギャグ)、ただ喋り倒しているだけでこれほど面白くしてしまう杉田智和もすごい。銀さんのあのポーズ何w

さて本編。厳しくて汚くてちょっぴり淋しい大人の世界を見せつけた前回とは打って変わって、今回は子供向けのドタバタギャグといった印象を受けました。子供向けといっても幼稚だというのではなく、子供にも理解し易い内容という意味。「人を外見だけで判断しちゃダメ」というテーマも道徳的だし、これならチビッコにも安心して見せられますよPTA方お母様方。となりの屁怒絽さんメッチャ恐いけど。目ェ光ってるよ目!

くしゃみ演技も見事だったなぁ。くしゃみっぽくあり、かつ「まいけるじゃくそん」「じゃねっとじゃくそん」「まえだたいそん」等のネタもちゃんと聞き取れる。これは妙技です。オリジナルの「せとうちじゃくちょん」とかも言葉選びが良い。あと・・・銀さんがギャップルールを説明している時のイメージ映像で、周りにいる高校生がジジイとババアしかいないのに笑いました。

屁怒絽さんは玄田哲章氏かー。毘沙門天の修輪じゃなくてこっちだったのね。ついでの話ですが、「玄田哲章」でウィキっていたら『幽遊白書』の「戸愚呂(トグロ)」という役名を見つけました(幽遊白書は見た事無いけど)。「屁怒絽」と「戸愚呂」・・・何か似たものを感じませんか。偶然だろうけど、もしこれも意図的だったらば面白いと思いました。細かすぎて分からないけど。


では、心に残ったセリフは「今夜のディナーはニャンバーグだよ!!」な昇月堂でした。
[PR]

by shougetu16 | 2007-03-16 16:42 | 銀魂活画(アニメ)

<< 第百五十七訓  やせたいなら食べるな 第百五十六訓  やせたいなら動け >>