第百五十八訓  最近のは色々機能つきすぎ

アニメ二年目決定おめでとうございます(今更





■真選組血風帳開幕第百五十八訓
空知センセイは前のRPG対決で土方虐めの味をしめたのでしょうか?面白いからいいけど!

ついに出た、新キャラ伊東鴨太郎。元ネタは伊東甲子太郎っぽいけど、それと芹沢鴨も兼ねている人物なのかな?(そうでも口ぶりや振る舞いからして伊東99%芹沢1%くらいの割合か。)伊東のキャラや隊内での立ち位置もよくある新選組ものといった印象。空知センセイの中では既存作品の印象が強すぎて、この人間関係を変形させた図が中々考えられないのかもしれません。しかしそれは今のところの話。それに新選組好きにこの展開は燃える!

それにしても、死相が強いですね伊東は。まさかコメディ漫画のレギュラーキャラが暗殺をするとは思えませんが、そうでなくてもこの人はやはり死にそうな気が。今までの真選組ものも史実に近付けて作っているので、最後の「殺してやるよ」も過去の因縁からの憎しみ合いではなく、互いに「お前を殺してその企みを阻止してやる」という意味ではないでしょうか。思えば真選組は人殺しが本来の仕事の筈だもんなぁ(忘れそうだど)。上手いこと折り合いをつけて、伊東が銀さんとはまた違う感じで土方のライバルポジションに居座ってくれたら世界は平和なのに・・・(?)。

少々長くなりそうな雰囲気の今シリーズで、刀は一体どんな意味を持つのでしょうか。近藤勇の「長曾根虎徹」、土方歳三の「和泉守兼定」、沖田総司の「菊一文字」といったら新選組ファンで知らない人はないですが、山崎烝?の「長船」は知りませんでした。かなりマニアックです。ところで、どうして「菊一文字」は「菊一文字」なのに「虎徹」は「虎鉄」なんだろう?(※沖田の菊一文字はガセ説も。というのは、菊一文字という刀は国宝級の代物であり、幕臣といえども沖田がそんな刀を持てた筈がない、だから沖田の刀は「加賀清光」の方であろう、というのが定説らしい。)


私的注目どころ

●「今渋谷界隈のオシャレ侍はみんな長船らしいッスよ!!」
廃刀令は?たしか帯刀を許されているのは幕臣だけという設定だったから、つまり(それ程高い身分ではない)幕臣の間で流行っている、という事でいいでしょうか。
幕末の倒幕派の志士達は、かつて徳川家に災いをもたらしたという妖刀“村正”を好んで求めたそうです。

●最近のは色々機能つきすぎ
何も刀にまで付けなくてもー!本来の機能の方が弱そうだ。

●アオリ
もて王でツッコミが入ったのに敢えてその言葉を使うとは、まさか狙ってる!?

●呪いの刀
悪鬼に心を乗っ取られるよりもタチが悪い!!無差別殺人鬼になるよりは断然平和的だけど、これも相当イヤです。この刀にまつわる「悲しき輪廻の物語」というのが気になります。オヤジ狩りで死んだ武士の持ち物だったのでしょうか。最初の持ち主がオヤジ狩りで死んで、次の持ち主もやはりオヤジ狩りに遭いまくって、それを繰返すうちにこの刀を持ってチンピラに遭うと、見栄も誇りも恥も外聞も瞬時に消え失せ、反射的に命乞いをしてしまう・・・・・それは哀しい。

●「ガンメイだよね~アイツらホントガンメイ~」
近藤さんはホントバカワイイですね。

●あれ、そういえば
銀さんが出ていません。というかこのシリーズに銀さんは必要なのだろうか。


※DVD十巻、ジャケットは定春&エリザベス
うわぁ何、この可愛らしい。特典はDVD六本を収納できるエリザベス巾着。

※今週の「メゾン・ド・ペンギン」で
ネタにされていた大西担当と空知センセイ。大西氏のフレッシュ新婚生活を脅かす存在はピンクの傘なんかじゃない。空知センセイ自身だったんだ!!
[PR]

by shougetu16 | 2007-03-28 13:52 | 銀魂感想(本誌)

<< アニメ第49話「ギャンブルのな... アニメ第48話 >>