第百六十二訓  長所と短所は紙一重

やけに長い一週間でした。





■「土方は消えた」 第百六十二訓
↑沖田ドス黒!最後の場面は、アレ沖田は土方が来る事を予想していたと解釈していいでしょうか。互いを好く思っていなくても、互いの真選組(近藤さん)に対する想いを理解していて、互いに同じ想いでいるからこその信頼があると。その中央に居るのが近藤さんな訳ですが、

その近藤さんはなんとまァヒロイン状態です。言動は漢でも身の状況がヒロインだよ姫だよ。そもそもこんな状況になってしまったのは近藤さんの注意不足が原因と言えて・・・。このまま姫を決め込まずに、何とか暴れて名誉挽回して欲しいものです。近藤さんが運転手(いるよね?)に頼むか鬼兵隊に襲撃されるかでどの道 電車は止まりそうだけど・・・いや、走ったままでバトルってのも熱くて良いかも。

復活かと思いきや最後はまたトッシーに戻ってしまった土方。最後から2ページ目のアップ顔 なんか違和感あると思ったら、土方じゃなくトッシーだったからなのね。銀さんによる魂への呼びかけに反応したらしいけど、それで復活されちゃさすがにがっかりなので、最終的には絆の力による完全復活を切望。沖田にゃ悪いが伊東とは土方に決着をつけて欲しいと思います。沖田は死亡フラグというか負傷フラグっぽいし。

新八と神楽と真選組の援軍は雑魚処理班っぽい。伊東派連中は沖田が大体片付けて、伊東は土方が何とかするだろうし。だから銀さんは消去法で河上の相手になるのかな?このシリーズに高杉は出てこなさそうなので、河上が来たる決戦の時を匂わせて引っ込む感じでしょうか。

今回は全体的に画面の見栄えがしますね。絵が丁寧だし大ゴマが多いからすっきりして見えるし、トッシーさんなんか目の覚めるような美しさだし(「格好良い」じゃなく「美しい」ね)。ストーリー中心だといつもより作画に時間がかけられるからかなーと思ったけど前回は雑だったんだよな・・・。赤マルのせいだったと思っておきます。


私的注目どころ

●四ページ四コマ目
火口卿介がいる(笑)。しかも小指が立っている。

●鬼兵隊来た
やけに人数が多いのは伊東派まで全員消すためではなかろうかと予想してみる。

●「御用改めであるぅぅぅ!!」
ここぞとばかりに真選組隊服に身を包む万事屋。新八だけ実に自然に平隊士服を着こなしているのに笑。密かに無免許運転デビューです。

●「いってェェェェェ!!いってェェェェ!!」
何故かこれが笑えて仕様がなかった。


●巻末コメント

 「赤マルの表紙で『To LOVEる』とコラボさせて貰いました。
  ララの衣装が大変でした!〈英秋〉」


な ん で す と 。トッシーさんのとらぶる同人本にはこういう裏があったのか・・・というかコラボってどういう事!?ララの衣装って、まさか銀さんが着ているんじゃあるまいな・・・私は拒絶するッ!

※DVD十一巻 表紙は長谷川泰三
哀愁漂っていて実にシブイ。

※DVDセカンドシーズンの新企画「名コンビファン投票」
「キミたちが選んだコンビがDVDジャケットのイラストに」!ジャケットイラスト案一般公募。という事はシーズン其ノ弐全部コンビのジャケットになるのかな?どんなのが来るか大体想像できますが、偏らないように配慮はしてくれますよね。

※単行本十八巻の表紙は超アップの屁怒絽さん
どれくらいアップなのかとても楽しみです。全部顔で埋まるくらいがいいな。
[PR]

by shougetu16 | 2007-04-24 13:20 | 銀魂感想(本誌)

<< アニメ第53話「ストレスは(以... アニメ第52話「人に会うときは... >>