やっとこさ手に入ったDVD10巻 感想

e0002518_11185229.jpg銀魂10

第35話~第38話までを収録


OP:「遠い匂い」YO-KING
ED:「雪のツバサ」redballoon
「キャンディ・ライン」高橋瞳


実に可愛らしいジャケットで御座いますね。

◎初回限定版のみ封入
・シリーズ後半(7~12巻)収納 エリザベス巾着袋
・ジャケットサイズコレクションカード
・特製千社札シール
・シーズン其ノ壱 全巻購入者特典応募券⑩

◎映像特典(限定版・通常版共通)
・「飛翔」





■第35話-A「恋にマニュアルなんていらない(延長戦)」
前回カットされていた「前回までのあらすじ」のシーンはこっちに持ってこられていますね。これならムダに原作に固執するファンも納得でしょう。本編はエロメスが本性現して新八に倒されるだけだから特に書く事は無いけど、鹿野優似の悪女豹変演技に感心しました。役者だ・・・。

このAパートが終わるといきなりED。まだ10分ちょっとしか経ってないのに!?と目を白黒させている間にEDは終わり次回予告、そしてBパートがスタートするという、ものすごい変形構成。どんどん独自の世界に突き進んでいきますね。


■第35話-B「外見だけで人を判断しちゃダメ」
栗子のデートを邪魔する話。舞台はネタの宝庫遊園地、それに加え最近のスタッフの手腕とノリを思うと、Bパートだけで収められてしまったのは残念。ウンコネタは健在だし今回も一定の面白さは保っていたけど、満腹までには至らないかなー・・・と思っていたら、マヨバズーカのインパクトで椅子から落ちそうになりました。さすがマヨラ13、強い・・・!


■第36話「すねに傷のある奴ほどよくしゃべる」
ドリームキャッチャー回。ドリームキャッチャーの無駄なアクションとか湯浅銀さんとか普通に面白かったですが、ここ最近の話と比べるとかなり大人しめな印象。初登場の服部さんは より誰だか分かり易いようにちょっと直されてましたね。声は藤原啓治という事で、次の登場がより楽しみに。


■第37話-A「サンタなんていねーんだよって言い張る奴こそホントはいるって信じたいんだよ」
銀さんがサンタをお手伝い。緒方賢一のサンタは、慣れない口調のせいか たまに違和感があるものの、ハマっているうえノリノリで楽しい。テンポが良いのも大いに結構なんだけど、喋る速さやギャグの間にもう少しゆとりが欲しかったかも。好きなシーンは、「やっとサンタらしくなってきたなプククッ」の辺り全部。


■第37話-B「煩悩が鐘で消えるかァァ己で制御しろ己で」
いつにも増してセリフがキレまくっている!ノリにノる藤原啓治に負けじと食らいつく杉田智和、二人の軽妙な掛け合いが聞いていて実に小気味良かったです。ずっと聞いていたくなる。「待て、ウェイト」ってアドリブだよね?笑

それにしても、藤原啓治が「ヒロシ」と言うだけで笑ってしまうこのキャスティングの妙は何だ。テレビの前で「ヒロシはお前だろ!!」とツッコんだ輩は一体何万人いるのでしょうか。まさかこのネタのためのキャスティングだったのでは・・・とも思えてなりません。あと、エリザベスが蕎麦を食べる描写が素敵すぎ。


■第38話-A「雪ではしゃぐのは子供だけ」
チキチキかぶき町雪祭り回。これも「アニメ化できるものならやってみろ」な意気で描かれた話だったようだけど、事も無げにさらっとやられたな(笑)。マジでダンディなおいなりさんのカラーバーやモザイク投げなど、色が付いている分 画面の見苦しさが原作以上で良い意味で酷い。でもそれ以外に特筆する事は無いです。ちょっと頑張ればそれこそ天高い神の領域へ飛翔できた話だと思うから、無難な作りはちょっと物足りなく感じました。

・・・とここで、あれを「無難」とか思ってしまっている自分に戦慄。よく考えてみろ、マダオのマダオとかネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲とかのどこが無難だよ!大冒険だよスレスレだよ!!未編集映像は完璧アウトな代物だそうだし・・・ホント麻痺しちゃってるな・・・。


■第38話-B「冬に食べるアイスもなかなかオツなもんだ」
Aパートとは一転して、花火師老夫婦のじんわり人情話。雪祭りの次にこの話を持ってきたのに、「トバすだけが銀魂じゃない」という理性が感じられます。偉い人に色々思い止まらせるための巧みな作戦でもあるのか。テンションの切り替えが上手くいかなくて戸惑う人もいそうだけど。


ここから高橋瞳の「キャンディ・ライン」が新ED。銀八先生仕様のアニメーションが目に新しいですね。小説版の挿絵が中心みたいだけど、オリジナルカットとかも多少あるのかな?写真一枚一枚の細部まで描き込んであるのでつい見入ってしまいます。バスケの土方が流川君みたいだ。(内容はあまり憶えてないですが、スラダンでは流川君が一番好きでした。理由は顔が格好良いからとかではなく自転車の居眠り運転にいたく感動したから。あれには憧れたもんです)


■映像特典「飛翔」
マダオスノードーム・・・!次回予告だけの映像にしては凝ってるなと思ったら、こんなところに・・・。この無駄なスケール感と意味不明感は素晴らしいです。素晴らしく馬鹿馬鹿しい。「在庫一斉処分 今ならお買い得 料金二割増し」てw


●キャラクター名コンビファン投票
「皆様に銀魂キャラクターの中から名コンビをWEB投票で選んでいただき、1位~13位までをDVDのジャケットにします!!
(イラスト掲載の順番は、投票順位とは異なる予定です)」
えー偏らないようにしてくれないの!?それじゃあ銀さんと桂とか土方と沖田とか銀さんと土方とか銀さんと高杉とか、欲望の塊みたいなイケメンバーばっかりに集中しちゃわない?(※)一応不正票対策はしてあるみたいだし既に決まった企画にぐだぐだ言っても仕様が無いし、こういうのは自分も投票するのが一番です。名コンビといえば「近藤さんと土方」がまず浮かぶんですがそれは放っておいても票が集まりそうなので、「銀さんとさっちゃん」で投票しておきました。「とっつァんとさっちゃん」にしようか迷ったけどそっちは望みが薄そうなので・・・。

※と言ってもみんな普通にナイスコンビですよね。「銀さん&高杉」は「ナイス」と違うけど。


e0002518_11203423.jpgこちらは特典のエリザベス巾着袋。
おててがキュートです。
[PR]

by shougetu16 | 2007-05-02 11:34 | 銀魂活画(アニメ)

<< アニメ第54話「どこの母ちゃん... 第百六十三訓「制服は二割増し」 >>