アニメ第55話「もの食べるときクチャクチャ音をたてない」

母の日とか父の日とか全く憶えられません。
それどころか祝日も殆どわからないときたもんだ。情けない・・・。





(オッケェイ我が命にかえてもアニメ感想)

「お母さん、ありがとう 僕たち幸せになります」――。原作者空知英秋が大西担当を描き下ろしイラストで祝福!何この嬉しい不意打ち。事情を知らない視聴者にはチンプンカンプンだけど、大西さん足短すぎとか銀さん小さすぎとかツッコミ所もあってとても楽しい一枚。何はともあれ、大西さんご結婚おめでとうございます。お幸せに!


本編は八郎の母ちゃんの後編。ホストになりきって接客するノリノリ万事屋がが面白い。銀さんが格好いいのは勿論だけど、新八の格好良さは普段地味地味言われているだけに何やら目を引かれました。神楽にも普段はない色香があって良し。

銀さんの立ち回りシーンを始めとしてキャラがよく動いている上、ストーリーも丁寧に作られていて、けっこう奇麗に仕上がっていたと思います。母ちゃんが去った後のどこか寂しそうな放心したような万事屋の表情とか原作では見えなかった所が見れるのもアニメの好い所ですね。


ED後は時間が余っちゃったらしく、第56話「一日局長に気を付けろッテンマイヤーさん」が当たり前のようにスタート、お通ちゃんが新曲「×(チョメ)公なんざクソくらえ!」を披露。禁止用語は控えているけど、うっすら分かるよ「チョメ」に何が入るのか・・・。きっとプロデューサーつんぽの陰謀ですポリポリ。

それにしてもお通ちゃんよく動くなー。金曜日に同じ局でやってる某アイドルアニメよりずっと動いてるんじゃないですか。その他 近藤さんと土方の動揺している目の表現など、短いCパートでも好作画が印象的でした。

ちなみに紅桜編は5月31日からスタートです。
ネタバレに気を付けよ。
[PR]

by shougetu16 | 2007-05-11 13:35 | 銀魂活画(アニメ)

<< 第百六十四訓  線路で遊んじゃ... 赤マルジャンプ 空知英秋約3万... >>