アニメ第62話「ミイラ捕りがミイラに」

1ヶ月ぶりにおバカな銀魂が帰ってきましたよ。


※先週からエキサイトブログのトラバ機能に不具合が生じています。一回送信してみて弾かれてしまうようだったらまだ不調が続いていると思ってください。送り付ける一方で大変申し訳ないです。





(アニメ感想)

OPは「修羅」で紅桜編の振り返り。こういうのきっとやってくれると思ってましたよ!しかもフルコーラスで聞かせてくれるとは嬉しい限りです。次週からはED変更。

さて本編は、密偵山崎による万事屋の旦那身辺調査。紅桜編の後日譚、日常回帰ですね。オリジナルシーンだけに限らず原作にもあったパロディも色々グレードアップされていて非常に面白かったです。さっちゃんのストーカー談義してる時の身振り手振りが妙に凝ってたり・・・。ラストのスローモーションの演出も冴えまくってたなー。あの紅桜編直後のギャグ編でも全く力が抜けていません。いやはや脱帽するばかりです。

あまりにもそのまんま過ぎる青学メンバーと氷帝メンバーには思わず「オイィィ!」と一人突っ込み。これを見て「あはん真中殿 電気を消してくだされ」への期待がぐっと高まり、そして放映されたそのシーンは実に期待以上のものでした。書き文字の筆跡まで完全再現されたこの徹底ぶり・・・!「真中→間中」、「西野→弐誌乃」、「東城→東条」と名前は地味に変更されていましたけど。ああもうホント、有難う御座いました。


※絶賛宣伝中のPS2版は予約しない事にしました(ゲームは余裕ができたら買いたい)。ボイスCDに靡かなかった理由は萌えが足りないから。万斉もオッさん達も居ないCDで満たされる訳がないのです。こういう場合はフケ専って都合が良いのかもしれない。アニメイトに行ってもキャラグッズが少ない、というか殆ど無いから誘惑が少なく、浪費の心配がないのだ!けど、淋しいなそれ・・・。

お通ちゃんのコンピアルバムは普通に欲しいです。以前にもあったCMネタですがまた凝ってますね。「プロデューサーのつんぽさんも「同じ音源で何回も商売できる」って大喜ビッグマグナム!」だけで万斉萌えできた自分GJ。次はいつ会えるのか・・・。
[PR]

by shougetu16 | 2007-06-29 13:04 | 銀魂活画(アニメ)

<< 脳内メーカーと精神年齢鑑定 第百七十訓 知らぬが仏 >>