アニメ第73話「そんなに松茸って美味しいもんなのか一度よく考えてみよう」

キノコ狩りじゃあああ!!




(アニメ感想)

今日は感想をパート毎に分けてみたけど、見易くなったかな。

●アバン
一枚絵によるいつもの楽屋ネタ。今回は万事屋ではなくお登勢さんとキャサリンだったけど、もう新鮮という程ではないですね。・・・銀魂終わっちゃイヤンだけど、後番がタマキュアなのならいいかもしれないと思ってしまった自分がいます。

●本編
キノコ狩りに出た万事屋と、ロンリーウルフ摩理之介と熊の因果譚。しんみりできました。ストーリーに関しては特に言うこと無いかなですけど、摩理之介のアップの表情が色々印象的でしたよ。シブカコイイです。ところで冒頭の家賃回収シーンはジャンフェスアニメの使い回し?キャサリンの武勇伝が語られることも無いのでしょうか。

木々がほんのり色付いた秋の山の美術が綺麗だったなぁ。毒キノコも何やら変なオーラだか粉だか出てて妙に凝ってたし。キノコといえば、神楽が小さいキノコ持ってきて大きさがどうの言ってるところはもうそういうアレにしか聞こえないんですが、というか明らかに意図的だよねスタッフ。また苦情来ても知らないんだゾ。


●次回予告
次回は「漫画家は原稿のストックができるようになって一人前」。こち亀ネタそのままやるんでしょうか。オチのセルフパロがどうなるかよりも、あの微妙に旬を過ぎたテーマでどうハズさずやるのかの方が気になります。一方で、高松監督だからこそのサプライズネタが飛び出したりしてなーという期待もちょっとあったりする。


・・・と、いつものように銀八先生の「キングコングのお2人 よろしく」も終わったので、いつものようにそこで録画停止ボタンを押したら・・・・・・まだ続きがあった!!チックショウやられたァ!なんという罠!もう終わりだと思って油断して録り損ねちまったよ!どこまで修行不足なんだ私は・・・・グスン


★「お通ちゃんのCD発売マダー?」支持者募集中
[PR]

by shougetu16 | 2007-09-14 09:44 | 銀魂活画(アニメ)

<< 第百八十一訓  男は一人で月見酒 惹き付けられろ!銀魂一発変換バトン >>