アニメ第74話「漫画家は原稿のストックが出来てこそ一人前」

こち亀31周年記念特別編。江戸の街をRYO-Ⅱの恐怖が襲う・・・!




(アニメ感想)

●本編
「ラサ~ル~」って言いながらマユゾン・ラサール石井出現ー!!
さすが銀魂スタッフ!期待通りの仕掛けですよ!高松監督のコネ万歳!

冒頭の「テレビをみるときは」のテロップでどもって(?)いるのがポイントですね。ストーリー的な改編も一切なく、ホントにそのまんまやったなぁ。たとえ改編あっても時期を大きく過ぎている事に変わりはないんですが、それ自体をネタにしてしまうのが銀魂クオリティ。いや笑いましたよ。マユゾンの定着にはしゃぐ桂とか「そーじゃなくて長谷川さんがグラサンしかありません!!」のくだり大好きです。アイキャッチちょっと前のカットにちゃんと両さんが隠れているのも見逃せない。あ、「あとは俺に任せろ」のとっつァんカッコ良かったですvv

●エンディング
ここで種明かしされる「マユゾン:ラサール石井」というサプライズ。ここ見なきゃ絶対わかりませんよラサール石井出演してたって(笑)。そんで両さんの後姿キター。

追記:ラサールさんは録画ででもこのオンエア観たかな。お忙しそうですが。

●次回予告
次回はオリジナル編「仕事のグチは家でこぼさず外でこぼせ」。
半年に一度の脚本暴走回となるのでしょうか。ドキドキワクワク
[PR]

by shougetu16 | 2007-09-21 11:10 | 銀魂活画(アニメ)

<< 第百八十二訓  枯れ木に花 唐突に >>