アニメ第75話「仕事のグチは家でこぼさず外でこぼせ」

正式タイトルはこっちかな?↓

「仕事のグチは家でこぼさず外でこぼせ!そう言うからちょっとこぼさせてもらうけどね「侍の国」僕らの国がそう呼ばれていたのは今は昔の話…とか言って始まったこのアニメも早一年半。あんな事やこんな事いろんな事があったよね。で、そろそろ色々振り返ってもいいかなーと思ったのに「チェッ、なんだよ総集編かよ手抜きじゃね?」とかアニメだって作るの大変なんだから文句言うのやめなさい!」




(アニメ感想)

~アバンより~
「ま そんな時はアレだ、寄せ集めの総集編でお茶を濁すんだよ」
「新作カットの2つ3つ入れとけばヤツら全員騙せるアル」(デジャヴ)


本当に寄せ集めの総集編でお茶を濁されました。
(いえいえとても面白かったですけど)


●本編
新作カットすら無し!これまでの映像を編集しセリフだけ差し替え、歌と万事屋とハタ皇子の喋り倒しのみで繋ぐという驚きの回でした。まさか銀魂で総集編やるとは思ってなかった。脚本も作画監督も明かされなかったのはこういう訳か・・・コンテ構成も「未定(いまだ さだむ)なんてクレジットされてたし。「予算使い切った」もネタなんだかマジなんだか判別しかねる(笑)。これまでの節目回は作画が凄まじかったので見た目のインパクトではさすがに劣りますが、何か凄まじくやられた感がありますね。音のみで笑わせられるとは。しかしなんという内容の無さ(笑) 感想書きにくいな・・・。

という事で箇条書きにしてみる↓↓

・「お前の母ちゃん××だ!」のオープニング
・その後の「銀色の空」
 なぜかハタ皇子大プッシュ。変なのまじってるどころか変なのがメインです。
 本編のカオスを予感させてくれますね。

・「なんか初々しいよねーセリフの言い方とかさー」
・「最近どんどん退行してる感じがするぞ」
・空知センセイの辱め再び
・紅桜編ウソ劇場版予告
 ドッキン☆思いがけず万斉に出くわして息が止まりました。
 「一手死合うてもらいたいものだな」が今後の暗躍を匂わせる演出ともなっていますね。

・ハタ皇子の高杉アフレコ
 衝撃!高杉がもてあそばれているー!!これはひどい(大笑)
 ああいった実にバカバカしいお遊びが大好きな私はただただ床を転げた訳ですが、
 ファンは悲鳴を上げるものなのかな。

・杉田智和の持ちネタ、若本御大のモノマネ披露
・「×公なんざクソくらえ!」フルバージョン
 待ってましたぁ!ああつんぽさん・・・・なんていい仕事・・・・・・
・新八の「ばいちゃ!」
・ED「奇跡」にのせて芙蓉編MAD

まだまだ何か言いたい事ある気がするんだけど一度に思い出せない!

半年前のテコ入れ回はまだキャラが奔放に暴れていた印象だけど、今回は完全にスタッフが遊んでいるのが画面を透けて見えるようでした。ハタ皇子のアフレコで爆笑している声なんか特に、スタジオの生音声そのものに聞こえたよ・・・というか本当に本物なんじゃないかあの笑い声(笑)。今回一番内容があったのは柳生一門の声お披露目だったなー。

●次回予告
という訳で次回から柳生編スタート。原作は14回なので、アニメになると5,6回くらいでしょうか。九兵衛と柳生100%が喋ってくれましたがわからない!100%の方はまるでわからない!九兵衛は誰だろ、折笠富美子さんに聞こえなくもない。
[PR]

by shougetu16 | 2007-09-28 11:55 | 銀魂活画(アニメ)

<< 特典DVD:「鍋は人生の縮図で... 息抜き。 >>