アニメ第76話「そういう時は黙って赤飯」

金曜は用があるので、今日中に感想アップしてしまおう。
推敲していないので後日加筆修正するかもしれません。




(アニメ感想)

●オープニング
今回からの新OPはHearts Glowの「奇跡」。やはり仕様らしい2ケツは変わらずで絵は美麗、タイトルバックの赤い空もとても綺麗です。そしてですね・・・・


万斉が居た。一瞬だったけども。
(ネタバレにつき反転:伊東らしき後姿もありましたね。動乱編確定?

私はあの一瞬のために、

心臓が引っくり返ったかと思いました。

「えっ、えっ、えっ!」と阿呆のように繰り返しました。

湯飲みを持つ手がわなわなと震えました。

足の力が抜けてよろよろと座り込みました。


お察し下されこの気持ち。


●本編
柳生編第1回。ど、怒涛の展開ですね、キッスとかウンコとかウンコとか。モザイクかけてるとはいえまさかアップまで映すとは・・・しかもモザイクが何の意味も為していない(笑)。大体は歓迎されるものである「原作通り」もここまでくると恐ろしいですね。脚本はともかく、作画の方も原作の絵崩れまで再現しているような箇所が幾つか。そこは再現しなくていいよ!しかしお妙さんや九兵衛の顔のアップはさすがに麗しかったです。

あとは、キャラ萌えかなぁ。「ゴリラだもの」とか「ウソコレ ヤダコレ」な近藤さんはとても可愛いし、九兵衛に弱々しく抵抗するお妙さんはなんかエロい。若本節全開で喋る松平のとっつァんはもうそこにいるだけでナイスでした。

新キャラ・柳生九兵衛役は大方の予想通り折笠冨美子さん。もう願ったり、一ヶ月前から折笠さんはどうかなーと思い続けた甲斐がありました。今後が実に楽しみです。

●エンディング
新ED、KELUNの「SIGNAL」。曲自体は彼らのHPで流れているので結構好みなのはもうわかっていましたが、映像の方はまさかまさかの男性陣半裸祭り。コラムに書いてあった「サービス」って何の事かと思ったらこういうそれか!まさか媚び売ってくるとは!いやーん直視できないハダカ苦手です。ああでもとっつァんは有り難く頂いておきます。

九兵衛は動作から表情から美しかったなぁ。早くもスタッフに愛されている感じが・・・。そうして見目麗しいものを見せておきながら合間に汚いものも挟んできたりして、そこは銀魂。


※コミックス20巻の感想は土曜日にアップする予定です。
[PR]

by shougetu16 | 2007-10-04 19:39 | 銀魂活画(アニメ)

<< 単行本第二十巻 感想 どうもこんにちは、水木です >>