アニメ第80話「普段眼鏡をかけてる奴が眼鏡を外すとなんかもの足りない パーツ一個足りない気がする」

高校受験の次くらいに重大な試験の日が迫ってきました。
じっくり感想書けるようになるのはそれが終わってから・・・という事で超速感想。
でも短か過ぎるのは気が済まないのでいつも通りの量で書きます。




(アニメ感想)

●本編
柳生編第5回。いよいよ大将戦に突入、バトルも最高潮に。いや動くわ動くわ、見応えありまくりで大満足の出来。竹に掴まってヒョイヒョイ飛び回ったり落ち葉散らして礫を投げてきたりころころ転がったり、敏木斎のアクションが非常に凝っていましたね。もう見ていて気持ち良いくらい動きまくり。銀さんと並んで走る場面で、銀さんと足を動かす速さが違うところとかも良い仕事してると思いました。敏木斎じいちゃまのあの細かい足の動きは何だろうな、ダックスフンドとかコーギーの動きを思い出すんだよなぁ。短い足をちょこちょこ懸命に動かして飼い主と同じ速さで歩いているあの姿。可愛いですよねー。

・・・おっと話が逸れました。このシリーズも残すところあと1話ですが、この時点で最良作画回。作画監督誰だろうと思ったら「尾形健一郎」という今までに無い名前でしたよ(それともあったっけ?)『NARUTO』とか『エウレカセブン』の作監経験がある人みたいだけど、アクション得意な人だから今回に限って呼ばれたのかしら。銀魂の作監サイクルには入らないかのな。

さてドラマの方ですが、ここで九兵衛の女バレ。漫画で読んだ時は「ああやっぱり」どころか「うん」みたいな、既にわかりきったことの確認という感覚だったのですが、「女の人しか愛せないのよ」とか声が付くとじわじわと深刻な気になってきます。雪野五月さん、折笠富美子さんらの演技も申し分ないです。

●次回予告
ついに決着ですね。九兵衛の突きに迫力あったので更に期待。
そしてあの結婚式も・・・。このスタッフは徹底的にやってくれる筈だ。
[PR]

by shougetu16 | 2007-11-08 19:57 | 銀魂活画(アニメ)

<< 071110 日々の中の銀魂 いわば絶望警察 >>