アニメ第81話「女の一番の化粧は笑顔」

柳生編最終回・・・とは関係ない話から入ってしまいますが、今日は坂本辰馬の誕生日です。おめでとう!めでたい!(坂本龍馬もそうですね。命日でもあるのか)

※11/18 追記しました。




(アニメ感想)

●本編
バナナ入刀!やっちゃった!本当に期待を裏切らないですねこのアニメは!マンガとは演出が違うため多少の差異はあれども、誤魔化しやぼかし表現などは一切無し。もうこれが当たり前なくらいの空気になってるもんなぁ。あとはとにかく松平のっつァんのウインクに撃ち抜かれましたです。

ええと、話の順序が逆になってしまいまして。前半が皿割り合戦の決着ですね。砂粒ほどになるまで飛び上がった北大路ほどではないけどここでも皆ものすごい跳躍力を発揮。突いたり体を捌いたりといった一連の立ち回りも全体的に良い出来でしたが、首の動きとか表情の変化といった細かい所作が印象に残りました。女性作監の時はそう感じる事が多いです。

そして折笠富美子さんと雪野五月さんのすすり泣きが秀逸。九兵衛とお妙さんの抱擁は思いのほかガッと勢いがあって感極まった百合色が見えた気がしたけど、繊細だけども強い友情を感じました。これで柳生編は終了ですが、九兵衛(と東城)の本領はこれからですね。

●エンディング
長編後恒例の特別ED。曲の一番盛り上がるところでバトルシーンが流れてくるのが熱い。そこは格好良かったけれどもこんなところでまで執拗にウンコを映すのはどうかと思います。

●おまけ 「ちょこっと銀八先生」
銀魂高校から名門ワンピース学園へ転校する大西君に銀八先生がお別れのコメント。こんなところでまでどんだけ愛されてるんですか大西担当(笑)

●次回予告
おおハム子だ!単行本で数えると10冊分くらい前の話をここに持ってきますか。2話構成のもう1話はオリジナルみたいですね。Bパート分だけのオリジナル回は初?


●追記 (11/18)
千葉進歩さんは近藤さん&バブルス王女の二役。ゴリラそのものでした。

「加藤じゃねーんだよ!!鷹じゃなくて雀なんだよ俺みたいなもんは」
このセリフは唯一ぼかしでしたね。それでも間違いなく元ネタが通じるこの絶妙さ。

提供画面の「不測の事態」って何!? 野球中継で1話押されて季節ネタの予定がちょっと狂ったとか、一時的なものならいいですけど。「詳しいことは追ってお知らせ」だから吉報かもしれませんね。「3年目決定!」とか。原作ストックの問題もあるので半年だけでも充分です。


※お知らせ※
管理人はこれより戦闘態勢に入るため、明日16日~17日までネト落ちします。その間に頂いたトラックバックなどのお返しはそれ以降となりますのでご了承ください。
※帰ってきました。
[PR]

by shougetu16 | 2007-11-15 22:20 | 銀魂活画(アニメ)

<< 071118 日々の中の銀魂 『墓場鬼太郎』がアニメ化 >>