アニメ銀魂 第82話 感想

「ラーメンのために並ぶんじゃない 自己満足のために並ぶんだ」
「カワイイを連発する自分自身をカワイイと思ってんだろお前ら」

の二本立て。




(アニメ感想) ※加筆修正あり

■Aパート 「ラーメンのために並ぶんじゃない 自己満足のために並ぶんだ」
アニメオリジナル回。パン&ライスの生活から脱却するため村で金の化け物狩り!これまでのオリジナル(ネタ回除く)と比べたら割と好印象。さくさく進んでテンポ良かったです。Aパートだけで短くっていうのが良かったのかしら。薄すぎずクドすぎずで印象に残るギャグはありませんでしたが、さっちゃんの登場は素直に嬉しかったし、ハタ皇子とじいの扱いなどは既に堂に入ったもの。ああいう画面の端で何か喚いたり転がったりしてるの好きです。それにこういうコメディ回でも神楽はぐりぐりよく動くなぁ・・・。銀さんの金玉を数えるさっちゃんご馳走様ーッス。

村とかモンスター退治とかアイテムとか火の鳥とか、やけにRPGを強調したワードに宣伝の匂いがします。何の宣伝かってもちろん「銀玉くえすと」の。原作話とノリが違うように感じるのは多分そのせいかなと。「金玉」とか明らかに銀玉を連想させようとしてますよね。(余談ですが金玉といえばポケモンにも「きんのたま」ってアイテムあったなぁ。だから最後メガネ秘書が鳥になった時も「ファイヤーだ!」と間髪入れずポケモンに変換してました。)


■Bパート 「カワイイを連発する自分自身をカワイイと思ってんだろお前ら」
ハム子の依頼で、組織から追われる彼氏を救出に。みんなハム子の事を憶えているかな?そうだよ、前に春雨とやりあった時に騒動の発端になった行方不明のギャルでヤク中毒のハム子だよ。(いやハム子じゃないから公子だから)

こちらはセリフからアングルから原作準拠、なので特にいう事はありません。でもなんでしょう、この懐かしいような爽やかな感覚。昔はもっと爽やかな気持ちで銀魂を読んでいたって事なんでしょうか。・・・いやきっと逆だな、この頃はもっと爽やかな作風だったんだ。「玉袋」くらいはあっても「棒じゃないです穴です」とかバナナ入刀なんて無かったもの。勿論今のギリギリギャグも好きですよ!

何故今になってこの話なのかと思ったら、そういえばハム子は薬物依存の治療をしていたんだ。そのために再登場に一年以上も間を空けたのだとしたらかなり良心的ではないでしょうか。まぁそういう配慮があったとしても、ハム子の様子には依存症の陰とか全く見当たらないですけども。本当に何がガリガリなんだ(笑) でも実際のところ依存症治すのにどれくらいかかるんだろう。あと、ハムハム連発していたらハムが食べたくなりました。ハム食いてぇ。

●エンディング
協力のクレジットに「大西恒平 齊藤優」と名前が増えていましたよ。そういえば前回は確認しなかったけど、今回からこの表示なの?齊藤優というのは原作者空知センセイの新担当になった齊藤編集の事でしょうね。今のところは前担当の大西編集も引き続き協力しているようです。いずれ齊藤編集1人の名前になるのかな?
[PR]

by shougetu16 | 2007-11-22 22:12 | 銀魂活画(アニメ)

<< とりとめもなく つらつらと 第百九十訓  想像力は中二で培われる >>