第百九十一訓  現実とネットゲームのパラメーターは反比例する

暖房が点かないので布団を被っています。寒いです。




マジでダイナミックなオチをつけて 第百九十一訓
今週は先週より更に読みにくいです。ただ印刷の問題なんですけど、ところどころ完全に字が潰れて虫食い状態になってる。これさえなければなぁ。

Mの正体はストレートに長谷川さんでした。いつものように「マダオ」にはせず「MADAO」の「M」だけとったのは、ネットゲームでくらいカッコつけたかったからでしょうか。暇を持て余しては常にモンハンに入り浸っていたから、こんな「伝説のハンター」と呼ばれるまでの経験値保持者に。なんて極端な反比例!

こないだ「国際問題では」と書いたところ、実際 この深刻な被害状況に幕府も動き出しているとか。(さっちゃんて実はかなりのVIP) 私怨で動いた万事屋も、いつの間にか国が懸かった重要任務に加わる形になっていますね。パーティーに土方と沖田も加わり、さて今までにない大所帯となりました。画面的にも状況的にもいよいよ混沌としてきたんですけど、「元の体を取り戻す」という一念で集まった彼らに、一体どんなオチが待っているんだろう。

ゲーム内のキャラをちょっと整理。
・銀時: 銀子 大剣使い
・新八: ぱっつぁん 片手剣
・神楽: カグーラ=ジャスアント 太刀使い
・桂: フルーツポンチ侍G 大砲使い
・近藤: フルーツチンポ侍G 弓使い
・さっちゃん: 猿子 二刀流?
・長谷川: M バトルアックス?
・土方: 先輩 銃使い
・沖田: 後輩 ムチ使い


私的注目どころ

●セイテンタイセイ
セイテンタイセイ・・・「西遊記」の孫悟空?

●「もう3週目だぞ こんなくだらねー事にもう3週使ってんだぞ!」
セルフツッコミ入りました。良い意味でくだらなく終えられるかどうかですね。

●「・・・なんか 倒しちゃったみたいなんですけど」
「ミーン」てやる気のない擬音がウケる。

●「先輩どうしやす 一緒に行きたいって言ってるんですけど」
二回目読んで、このセリフがオチの伏線という事に気付かされます。

●ATフィールド
『エヴァンゲリオン』に出てくる用語。こんな単語を何気なく使うなんて、これは中二病くさい。私のATフィールドも北極の氷並みに極厚なんだけどどうすればいいですかね。

●『「汚い触角」を手に入れた』
色んな意味で死んでしまったフルーツチンポ侍G(笑) 「え マジで?」と普通にモザイクを受け取る先輩が可笑しい。この辺の流れとても好きです。

●『「聖水」を手に入れた』
コマチエンジェルからどうやら小便キャラとしても定着しそうな気配のある桂。

●「ドライバーをやっています」
ゲーマー星人と思われた二人組の正体は土方と沖田で、二人もドライバーに改造されていたという事で。沖田のムチ使いが相応しすぎる(笑) そして土方の中二病はもはや公式でいいですか?


※コミックス最新二十一巻は十二月四日発売
アオリの「さらば大西!!」の意味するところは?おまけページは大西祭りの予感。もし表紙まで大西氏だったりしたら前代未聞すぎる(笑) 本当に表紙誰だろう。

※一般公募コスチューム「パフェ銀時」
き、気持ち悪い!ゲームのSDはそれなりに可愛いですけど。
[PR]

by shougetu16 | 2007-11-27 14:23 | 銀魂感想(本誌)

<< アニメ第83話 「運に身分は関... 墓場鬼太郎を読み返す >>