アニメ第85話 「固ゆで卵は潰れない」

ハードボイルド後編。




(アニメ感想)

●本編
しぶい。最後の10分くらいに惚れました。小銭形や狐や銀さんら個々に惚れた訳ではなく、あの一連のシーンに惚れました。だってみんな渋くて格好良かったから。炎のエフェクトなんかも迫力ありましたし。小銭形と狐(正体は屋台の親爺)のやりとりなんかもう、味ですねぇ。小銭形がなぜハードボイルドにこだわるか、なぜ屋台の代金を小銭で支払っていたか。前回ではギャグでしかなかった何気ない描写にも真相に関連付けたエピソードがしっかりあって、そのさり気なさがニクいです。小銭形と親爺の配役もナイスでした。

さてギャグパート。楽しみだった3世代トラップもテンポ良く決まりしっかり笑かせて頂きましたけど、は自重してくだせぇ。変更点もいくつかありましたね。

・「キャッツアイ」→「全身タイツ」
曲使用の許可は取っても、そっちの許可まではとってない?ああ、余談ですがポケモンは見損ねました。本当にキャッツアイネタだったのかな?ポケモンといえば、ナレーションとオーキド博士も石塚運昇さんですね。

・首吊り→亀甲縛り?
首吊りはさすがに時間帯配慮したんでしょうか。こっちは1本1万円コースとかイメ○ラとはまた別次元だし、お子様がマネしたらそれこそシャレにならない。ところがそうして変更した結果がアレというのがまた実に銀魂らしいです。

普段からお子様置いてけ堀なネタで飛ばしまくってますが、今回出てきた「チュウトウ術(変換できない)」とか「乱破」「素破」とかも子供置いてけぼりな単語ですよね。ラッパスッパとか言われても楽器しかイメージできないと思う。


●Cパート
第86話「羊数えるの自体に夢中になったりして結局眠れない事も多い」の冒頭を放映、そのまま次回予告へ。いよいよミツバ姉さん来たかぁ。ああもう・・・既にやるせない気持ち。アニメオリジナルに、ラストだけでも変更してくれないかなー…。(本気で思ってます。)とは言っても、なんだかんだで動く姉さんを見るのは楽しみ。しかも配役が・・・。

※余談2:『新選組!! ~土方歳三最期の一日』(前編)観ました。後編も観たらまた2時間くらい涙が止まらないかもしれない。ハンケチを用意しなくては。
[PR]

by shougetu16 | 2007-12-13 22:18 | 銀魂活画(アニメ)

<< 071214 日々の中の銀魂 銀魂第百九十三訓  感想 >>