再び 『新選組!!』

『新選組!! ~土方歳三最期の一日』の後編を観ました。

大鳥の裏返った声にクスリと笑い、榎本の語る夢に胸をときめかせ、土方の壮絶な殺陣に息を呑み、鉄之助に託された未来に思いを馳せ、終わりました。すごいなぁと思うのが、土方が死ぬという展開は(このドラマを既に見ていてもいなくても)分かりきっているのに、「もしかしたら…」と希望を持たされてしまうところ。だから彼の死がより衝撃的なんです。

喪失感に襲われて何も考える気になれず、しばらく呆然としていました。

それは二年前に観た時と同じです。でも今回はあの時と違って、寒い二階の小さいテレビじゃなく居間の大きいテレビで観られたんですよ。(前は『八犬伝』と時間が被って多数決で負けて追い出された。)今日もあの時のように、二時間くらい泣くつもりで観ました。ところが、母と妹が配慮のカケラもない声で雑談しまくっていて・・・あちこち聞き取れな…あ…

うるっせーんだよお前らァァァ!!しかもまで歌いやがってコラァァ!!本当・・・ドラマで泣かされたのは生まれて初めてで、悲しい涙だったけど泣き終わったら何だか爽快な気分だったから、またあんな風に泣きたいと思っていたのに・・・台無しだよコラァァ!!十年に一度あるかないかの機会をよくもコノヤロォア!根に持つからな陰湿だからなコラァァァァ!!

と、ストレートには言えず「お前らのバカ!」とかいう小学生のようなセリフしか吐けない常に控えめな自分。この先の人生も損が多いんだろうな。・・・ちょ、これ書いてる今涙目になってきただろうが!こんな涙はいらなかった!チクショウ!


アニメ銀魂の感想は明日です。新選組!!の方の余韻が強くて。(※感想アップしました
[PR]

by shougetu16 | 2007-12-20 23:05 | 私的瑣談(雑記)

<< アニメ第86話「羊数えるの自体... 第百九十四訓  人は皆 自分と... >>