第百九十六訓  旅行先ではだいたいケンカする

感想の前にお正月イラスト。第二弾はお通ちゃんです。(第一弾のさっちゃんはこちら

(クリックすると全体を表示します)

去年の今頃は神社でバイトしてたんだなぁと思い出しながら。あれァ過酷でした。




では今週号の感想いきます。

●総評
陸の孤島と化した、霊(スタンド?)の出る怪しい旅館に留まるハメになった銀さん一行。幽霊が苦手な銀さん大ピンチ。いつも思うけど無駄にホラーが上手いです。女将の背後のスタンドは完全ギャグでしたが足跡の無い人影は真面目に怖い。こういう話は霊の因縁がつきものだけど、コメディになるのか人情ものになるのかどう転ぶのかもまだ不明。あの足跡が無い人は話の核に関わってくるかな?

神楽とお妙さんを残して旅館から脱走する男二人組が素敵。あのような危険な場所に女性を残して逃げるなど外道と言われてもおかしくない行動ですが、あの二人なら絶対大丈夫という絶対的な信頼あってこその行動だね。(そうだよね?)女性二人に霊が見えないのには何か意味があるのでしょうか。

●「あの女将・・・スタンド使いだ」
この世界なら本当にスタンドでも構わないなと思いました。だって餌付けしてるんだもの。

●三つのロック
ROCK(ロックンロール)、ROCK(岩)、LOCKロック(鍵を掛ける)のトリプルミーニング。言葉遊びのセンスが光ります。


※次号は銀魂休載
SQの読み切り製作が佳境に入ったのか次号は銀魂休載だそうです。今週号は合併号で次週はジャンプないから・・・って事は次回が読めるのは月末?銀魂が載ってないなら次号のジャンプは立ち読みで済まそうかと思ったのに、「はみ魂」は掲載という罠。時期的にDVD情報&単行本情報でしょうか。

※単行本二十二巻の表紙は?
今度こそ東城?坂本は活躍が予定されているので、表紙になるならそこだろうしなぁ。

※直筆サイン色紙プレゼント
何も当たりませんでした。
[PR]

by shougetu16 | 2008-01-05 14:53 | 銀魂感想(本誌)

<< ×月×日 初夢のこと ×月○日 実感ないけどお正月 >>