アニメ第88話「合コンは始まるまでが一番楽しい」

アニメ新年一発目。銀魂は今年も我が道を行く!

テレビ不具合の件。本日の視聴はもう一台の小型テレビで何とかなりました。といってもこちらも先月から不具合で、時によっては画面ザーザーで見られなくなります。今日は調子が良いみたいだったけどずっと画面がパチパチしてたし・・・いつ見られなくなるか。

※色気の無い乙女心を追記しました





(アニメ感想)

●本編
九兵衛のバベルの塔建設計画を阻止するため、バベルの勇者達が立ち上がる!言う事無いですねこれは。いつもながら期待通りのものを作ってくれているのでとても満足だし下ネタなんてこの作品の性格だとすら思っているので今更にも程があるのもわかっていますが、めっちゃナチュラルにち○こち○こ言ってるのにはさすがに不安を覚えました。小林ゆうさんにもまた「チ○コーバカ」とか言わせちゃってまぁまぁ。

・九兵衛の男嫌い
嫌いというか、反射的に投げ飛ばしてしまうようなので体質と言った方がいいでしょうか。男として育てられてきたという割には男嫌いの箱入りお嬢様みたいな設定だなと思います。それはまた別として、九兵衛の男・女としての在り方の描写が曖昧で分かり難いのがいつもちょっと気にかかります。性同一性障害ではないんですよね。九兵衛は自分を女と自覚していて、だから小さい頃は男としての教育を苦しく思っていたけど、今は男っぽい言動、振る舞いが癖として身に付いている。でも心は女の子のまま。そう考えると柳生編でお妙さんが言っていた「心は男の子」というのは適当ではありません。九兵衛は心が男の子だからお妙さんが好きなんじゃなく、ガチ百合だからお妙さんが好きなだけ。男に惚れさせようなんてきっと無駄なのではなかろうか。

そういえば九ちゃんが萌えキャラ路線で固まってきたのってこの辺からでしたっけ。

・カツラップ
親切にも歌詞付きでJOY!

・東城のいやらしい店通い
「シャチョサン アンタモ好キネ」のセリフさえなければOKなのか・・・!

・合コンにて
神楽とさっちゃんの会話の内容が気になる。あと図書委員さっちゃんえろす。図書室でガキ大将読んでいる本が「はだしのゲン」から「保健体育の本」に変わっているところが小憎い。

●新ED「Speed of flow」/ロデオキャブレター
バイクこそ男のロマンなんだぜ。

男は明日を求めて相棒(バイク)にまたがるのさ…
そして夕日のバッキャロウに向かって叫ぶんだ…
「ダチを返せ…オレの青春(ダチ)をよォ~!!」ってね… (マチャ彦談)

エリザベスは相棒にまたがり、夕陽に染まるハイウェイを疾走する。

か、かっけぇー!担当アーティストの性質からめっちゃクールな曲が来ると予想していたのでどうなるかと待ち構えていたら・・・・エリザベスは反則だよ。ハンパねぇよハードボイルドの化身だよ。バイクが出てきた瞬間「え!!!?まさかァ!!!!」と無駄にドキドキしてしまった私は何だったんですか。エリー以外のキャラも画面横切ったりしてかな?ああビデオ見られないから確認できない!ちくしょうもっと見たいのに!うちのテレビのバッキャロウ!

曲の方も結構好みかもしれない。もう2,3回くらい聴いてからじゃなきゃわからないけど、久々にCD買うことになるかも。


※追記
上記の「え!!!?まさかァ!!!!」の後に続く言葉は「万斉かァー!!!!!!!?」です。だってバイクですよ万斉スキーならとっさにそう思いますよ!(私個人の期待と落胆なんで自重しようと思ったんですけど、他所の感想見て回ってたら私をたくさん発見したので、折角だからうちも書いておこうと。)もうホント、マジで紅桜編以来のドキドキだったんですよ。がばと画面に喰い付いて、そしてポカーンですよ。しばらく顔が( ゜ Д ゜ )のままでしたからね。でも決して不満な訳じゃないんです。エリザベスを心の底からカッコイイと思う。早くまた見たいなぁ。

[PR]

by shougetu16 | 2008-01-10 20:38 | 銀魂活画(アニメ)

<< 墓場鬼太郎 第1話感想 ×月×日 初夢のこと >>