墓場鬼太郎 第2話「夜叉対ドラキュラ四世」感想

画面左上のテロップ取って欲しいのですけど。

※加筆しました。





(アニメ感想)

冒頭、夜叉が封じられている塚を暴く男。
そうか、前回のEDに出てきた赤い文字は次回の内容だったんだ。

本編。家賃・ガス代・電気代諸々を払えず貸家を追い出された鬼太郎、
夜叉に魂を抜かれ目玉の親父はしゃぼん玉で飛ばされ、父子離別の大ピンチ。
妖怪VS妖怪のバトルは「ゲゲゲ」にも通じますね。
夜叉の髪の毛の動きがわしゃわしゃウネウネしていて面白かったなぁ。
髪の毛を簡単に房ごとに描くのではなくて、1本1本も見えるというくらいの細かさ。
描線や画面の効果で版画みたいな質感でした。イイですね~版画大好き。

しかしまぁ、夜叉VS吸血鬼はある出来事のキッカケであって、さほど重要ではないのです。
鬼太郎とねずみ男の出会い、ですよ。
人間を超越した神経の持ち主の鬼太郎と、金に汚くて俗っぽさのカタマリのようなねずみ男。
これからねずみ男とどう関わるかで鬼太郎の人生も一変しそうです。
それにしても、ねずみ男が出ると場の空気が一変するなぁ。すごい存在感。
オチの呆気にとられた鬼太郎の表情が印象的でした。
お父さんも・・・あの小っこい目玉が「鬼太郎!」と呼ぶたびにキュン。

水木さん生きてましたね。
本来の死じゃなく、片道切符で生きたまま地獄に入ったから
地獄に進むこともできず現世に戻ることもできず、入り口に留まっていたのか。
社長の方はなんとも気の毒。
ただの事故なのに、まるで鬼太郎が死に誘ったように見える。
けれどあまり後味の悪い感じがしないのは私が無情だからでしょうか。


自分が知っている話とはちょっと違っていました。
ストーリーはほぼ同じなのだけど、登場人物(妖怪)が多少違う。
でも「鬼太郎」は登場人物やセリフだけ違って
ほとんど同じ筋書きの話が2つ描かれているということがザラなので、
この話もそのクチなのかもしれない。(夜叉がどうしても思い出せませんでした。)
鬼太郎がねずみ男と会う場面は、別の話から切り取った場面じゃないかな。
2人が初対面であるらしい話も複数ある憶えがあるので、これは実にもっともな再構成。

エンディング。緑の字、目をこらしてよく見たら台本風に書いてあるのが分かりました。
セリフの上の「ねずみ男」しか読めなかったけど。
[PR]

by shougetu16 | 2008-01-18 12:56 | 私的瑣談(雑記)

<< 墓場の思い出と墓場の楽しみ方 空知英秋ニュース速報 >>