墓場の思い出と墓場の楽しみ方

小さい頃から、墓場はけっこう好きでした。

墓石とか卒塔婆とか水子地蔵行を見ると、ちょっと良い気分になりました。
普段仕事で居ない母も父も、墓参りの日は揃って家族で出かけられるし
それにうちの墓場は立地条件が良いんでしょうね、小高く見晴らしの良い所にあるから
明るくて清潔なイメージを持っていました。
土葬の時代はどうしても湿っぽい陰気な空気があったでしょうけれど、
火葬が主流の今 墓場は明るいですよ。


◆墓場の魅力その一.探検できる
うちの地域の墓場は山の急斜面にあるので、段差状の棚田のような造りで
そのため階段だらけで少しばかり入り組んでいます。
それで 奥に進むほど思いがけない場所に階段を発見したり 道が繋がっていたりしていて
迷路みたいになっているから、子供にはそれがとても面白かった。
そのうえ隅の方は鬱蒼とした林に繋がっていて、得体の知れない感じもする。
冒険ごっこにはもってこいの場所だったのです。

◆墓場の魅力その二.良い石を拾える
墓場で石を拾う・・・というと何やら呪術めいてるなぁ。けど呪術じゃないです。
子供の頃は誰でも妙な蒐集癖があって、何かしら集めた記憶があると思いますが
私は石が好きで、手触りがなめらかで色がきれいなやつを集めていたんです。
ある日墓場に遊びに行ったら、立派なお墓にきれいな砂利が敷き詰めてあるのを発見して
以来よく拾いに行っていました。墓場の砂利もコレクションのうち。
(もちろんお他所のお墓だった。マネしちゃダメだぞ)

◆墓場の魅力その三.目に良い
探検と小石の蒐集以外にも墓場の魅力はあります。ずばり観賞。
と言っても家ごとの墓の形を見るのではなく、墓場を風景の一部として堪能します。
公園から見る墓場。寺から見る墓場。竹林と墓場。大空と墓場。アリと墓場。
まだ墓が造られていない空き地にツクシやらがわさわさ生えているのを見るのも良い。
墓場観賞にオススメの時期はですね。
墓石の灰系の落ち着いた色と草木の若草色のコントラストが目に優しく
吹く風も爽やかで、とても穏やかな気持ちになれます。
探検したり石を拾ったりとは違い、これなら大人になっても実践できる楽しみ方。

あなたも墓場に行ってみませんか。
[PR]

by shougetu16 | 2008-01-20 15:28 | 私的瑣談(雑記)

<< 080121 日々の中の銀魂 墓場鬼太郎 第2話「夜叉対ドラ... >>