アニメージュ 2008年2月号

銀魂の東不可止プロデューサーと若鍋プロデューサーの対談のため、というか図書館で『墓場鬼太郎』を借りられなかった腹いせに今更ながら買ってしまいました。生まれて初めて買ったアニメ雑誌なので記念に暫くとっておきます。

アニメージュ 2008年 02月号 [雑誌]
/ 徳間書店
ISBN : B0011FDA3W
スコア選択: ※※※※



【心にいつも白装束 銀魂プロデューサーズSP対談】

あの野郎、無茶しやがって…
製作者様方の”覚悟”の程は毎週のOAでしかと拝見させて頂いておりまする。こんな人たちにアニメを作ってもらえて幸せです。でも視聴者の方も常に突然のそれを覚悟しておいた方が良いのでしょうかガクガクブルブル。無茶…しないでね…

テーマは「粋」と「ロック」と「セクシー」(若鍋P談)
精神論的な「ロック」の意味は”枠”にとらわれないこと、自分の道を貫くこと。だから銀魂にはロックが似合う。また「粋」という言葉に既に「セクシー」みたいな意味もあるのですが、「粋」では表しきれないニュアンスもありますよね。なんて言うかな、「粋」は洒落ていて品のある感じ、「セクシー」はちょっと恥ずかしい感じ。(主に見ている私が。)

限界に挑戦
そろそろ銀魂アニメの行く末が気になる者としては、「昨年の11月からこの先3月までのテーマは「限界に挑戦」です!」という一文が目に付きました。この発言の意味するところは?オンエアはこれから単行本18巻の内容を消化し始めるところだし、じゃあ今クールは動乱編やらずにギャグ一本なのかな、と思っていたらルシ~ルさんのところで「アニメ3年目決定」との報を目にしてびっくり。グッズのチラシでネタばらしというのがまた妙ですがこれは素直に喜ぶところでしょ!やったー!…とはいっても原作ストックも気になるので1クールか2クールで終わらせるのが希望なんですけど、それは今のところ不明。

その他銀魂コネタ
・あけましてBest100 銀魂キャラは坂田銀時が6位、沖田総悟が35位、土方十四郎が63位、高杉晋助が69位にそれぞれランクインしていました。『OO』のガンダムマイスターの中でロックオンが1番順位低いのに納得いかないのですがどうでもいいですね。
・MiniLetter 「新ED(SIGNAL)、DVDでは上半身裸の神楽やお妙が出るんでしょうね!?」との投書が。DVDのおまけにED映像のカードが付いてくるらしいですけど、そのおまけを半裸の女性陣にするべきだったんですよ!いや半裸は無理ってわかってますって水着姿をお願いします。女性陣はグッズも少なすぎるのでもっと作ってください、さっちゃんの1/8フィギュアとか出たら買うから。

最後にもう1回書いておきますね。アニメ3年目決定だそうです。
[PR]

by shougetu16 | 2008-01-23 14:33 | 銀魂談義(その他)

<< ひろこさん(仮)からメールが来... 080121 日々の中の銀魂 >>