アニメ第90話「美味いものほど当たると恐い」

「かさなる影」のCMに銀さんのナレーションバージョンきました。
思わず「Speed of flow」の方も期待したけど特にアニメ仕様ではなし。

あ、そうだアニメ3年目決定おめでとうございます。




(アニメ感想)

●オープニング
前回・前々回は気付かなかったけど「監督補佐 藤田陽一」っていうクレジットが増えてたんですね。ビデオ無いんで前の2話の確認できないけど。ちなみに藤田氏は、これまで第62話「ミイラ捕りがミイラに」など多くの絵コンテ・演出を務めている人。


●本編
ナース内野さんの恋と、それを成就させたい長谷川さん+万事屋の奮闘。原作では「良い事は連続して起こらないくせに悪い事は連続して起こるもんだ」(アニメでは第28話)の次に来たエピソードで、長谷川さんもエリザベスも既にそれぞれ別の事故に遭っていました。今回冒頭 2人が謎のオッさんに撥ねられるまでの一連の場面はアニメオリジナル。(ってどっちみち松平のとっつァんが加害者だ!)道に落ちていた食べかけのソーセージを拾おうとして車に撥ねられるって、哀れすぎて言葉が出ない・・・。エリーまでそんなに窮していたとは。

・冒頭のモノクロのアレ
何かのパロディなのかな?BGMもハードボイルドでモノクロ画面に煙草の火とジェシカだけ色があって雰囲気カッコイイ。キャバレーの客の中に松平のとっつァんらしき人物がいますね。それより「ジェシカ」って…小さい頃仲の良かった友達と同じ名前だなんて、さそり座の私にはセンチメンタリズムな運命を感じずにいられない。いやホント、ジェシカちゃんとの楽しかった思い出が頭をよぎりました。何やってんのジェシカちゃん!(何と言われても)

・内野さんとお付き合いするエリザベス
エリザベス、ゴニンジャー回で妻子が出てこなかったっけ?離婚したのか、それともあの一家は桂の見た幻だったのか。原作では話の順序が逆で「ウッチーはどうしたの?」な疑問を読者に残したものですが、どちらにせよエリザベスの謎は募るばかり。

・ナースたちをランチに誘う「なっさん」
こ、こわい!(笑) 勤務中のナースまでナンパしに来るとは、恐るべし夜の帝王。それにあくまでもミステリアスに「なっさん」なのね。エンディングの役名も「松平」じゃなくて「なっさん」でしたし。もはや都市伝説だよ「なっさん」。


●エンディング
本編を見た後だとエリザベスの男前度が3割り増しですね。イカスー。


●Cパート「銀さん透明人間になるの巻」
随分早めに終わったなーと思ったらこんなのが控えていました。

~あらすじ~
朝起きたら透明人間になっていた銀さん。慌てて神楽を起こすと神楽も透明で定春も透明、さらに出勤してきた新八まで透明。新八によれば江戸中の人々が透明人間になっているという。3人と1匹が揉める中(映っているのは背景だけ)、すぅと引いていく画面。現れたのは万事屋の背景を映したパソコンと、オッさんの後姿(実写)。するとオッさんが一言。

「あ、セル置き忘れた」



「銀さん金縛りにあうの巻」と同じく声優陣のノリノリの掛け合いのみで保たせる、もはやお得意のパターン。透明人間云々とかの設定はどうでもよくて、ただ3人の掛け合いを聞いているのが楽しい。投げっぱなしで任される声優陣は大変かもしれないけど。今回はさらにメタなオチも付いていました。ああいうの好き。
[PR]

by shougetu16 | 2008-01-24 20:42 | 銀魂活画(アニメ)

<< 墓場鬼太郎 第3話「吸血木」感想 ひろこさん(仮)からメールが来... >>