墓場鬼太郎 第3話「吸血木」感想

面白いなぁ、もう。





(アニメ感想)

恐怖とユーモア、怪奇とシュール、絶望と呑気!
更にいい味出しすぎなザ・水木漫画キャラ”物の怪”!
これぞ水木しげるワールド!ああ、楽しい…。

同士討ちした夜叉とドラキュラを埋めた地面から生えた“吸血木”。
それを使って悪巧みをするねずみ男と、売れっ子歌手・トランプ重井の悲劇。
そして鬼太郎は歌手になることを夢見る少女・寝子に一目惚れ。
原作内容は粗筋くらいしか思い出せないので、初見に近い感覚で観ました。
事件解決(というか寝子)のために奔走する鬼太郎、
あっけなく失敗するねずみ男の計画…と「ゲゲゲ」の展開に近かったですね。

いやぁ楽しかったです。すごい良い時間を過ごせた。
ねずみ男に吸血木を植え付けられた重井は大変な悲劇で、
徐々に体を侵食され最終的に木になってしまう恐怖と絶望は凄惨極まりこの上ない。
ところが、吸血木で生まれ変わった重井は寄生される前よりむしろ良い顔なんですよね。
実にあっけらかんとして、そのまま鬼太郎たちと笑い合いながら帰って行ってしまう。
この「何がしたかったんだろう」という拍子抜け感と間抜けさ、たまらなく好きです。ホッとする。

鬼太郎は恋をしたとたん普通の人間の子供っぽい魅力も出てきましたね。
クレヨンをねだったり、嬉しそうに50円玉を眺める様子などがとても微笑ましい。
鬼太郎に出会った不幸を嘆く水木に「そんな嘆く事でもないんじゃない?」なんて
声をかけたくなりましたがあのお母さんの姿が見えないのに気付いて言葉を引っ込めました。

さて貸家「ねこや」の娘・寝子、声は特別出演の中川翔子さんです。
演技はアイシールドで既に聴いているので心配ってほどの心配はしていなかったし、
鈴音とはきちんと演じ分けてくれていたようなので安心。
むしろ清楚で純朴な感じでハマってたと思います。次回(?)のコンサートシーンが楽しみ。
それにしてもあの黒髪に白いブラウスに赤いミニスカートというスタイル、
ちびまる子ちゃんと全く同じなのに寝子からはリアルな色香を感じるなぁ…。

あと今回 ようやく画質の良いテレビで観ることができて、
目玉の親父の体に細い血管が走っているのにようやく気付けました。成程グロい。
[PR]

by shougetu16 | 2008-01-25 18:58 | 私的瑣談(雑記)

<< DVDシーズン其ノ弐第7巻 感想 アニメ第90話「美味いものほど... >>