アニメ第91話「やせたいなら動け 食べるな」

毎日新聞の今日の朝刊に載っていた川柳の秀逸句が、まさにこのサブタイの事だった。




(アニメ感想)

原作対応話は第百五十六訓「やせたいなら動け」、第百五十七訓「やせたいなら食べるな」の2話。アニメのサブタイトルはこの2話を合体させたもの。


●本編
激太りした神楽、お妙、さっちゃん、お登勢、キャサリン、九兵衛が断食道場で断食修行。ううむ、殆ど原作通りだったんで改めて書くことが無いな…。横手脚本回にしてはお遊びも無くて大人しかったですし。あるとしたら「バーゲンダイエット~」のお妙さんの口と「ザワ…ザワ…」と某磯野家の長女似の女性くらいか。1人囮作戦を実行する神楽のモノローグと、実はお妙さん&九ちゃんと組んでいたという背景が噛み合っていない、道場の和尚がそれほど太っているように見えない、といった粗が解決されていなかったのがちょっと心残りです。和尚の顔くらいはもっと太っていると分かり易いように変えて欲しかった。

絵的な見所は黒い表情でけたたましく笑う女性陣でしょうか。特に九ちゃんの黒い顔はかなり貴重ですよ。キャサリンの謎の言語も笑った。

ところで、この話がジャンプに掲載された時期は某番組の納豆ダイエットのデータ捏造問題がひとしきり世を騒がした頃でした。テレビ放映を見てこぞって納豆を買い占めたメディア中毒者や楽して痩せようなどという甘い考えを持った人々を痛烈に皮肉った内容だった訳ですが、そんな事とは関係なしにダイエットは乙女達の永遠の課題。「楽したい」って思ったっていいじゃない人間だもの。そのうち「呑んだだけで痩せるうえに花粉症にならない」とかいう触れ込みでサナダムシダイエットとかが流行る時代が来るのかもしれない。

※実際サナダムシを呑むとテキメンらしいですぜそこのお嬢さん。

・バナナをフロイト的に解釈すると…
「フロイト的に」はアニメオリジナル。そう付け加えただけで単なる下ネタが純然たる心理学的考察に聞こえるという、現代人の学問信仰を利用した高度なテクニックです。これもしかして新しいタイプのPTA避け?フロイト先生は潜在意識の何やらをなんでも性的なアレにしてしまうのでフロイト式の夢解釈などを読んでいると鬱々としてきます。

・ちなみにみんなのご所望の(好物の)ポテチの味は
神楽→うす塩
お妙さん→サワークリームオニオン
さっちゃん→しょうゆバター
九兵衛→イタリアンバジル
お登勢さん→カラムーチョ
キャサリン→のり塩

・最終的にみんなが食べたのは
神楽→イタリアンバジル
お妙さん→カラムーチョ
さっちゃん→うす塩
九兵衛→のり塩
お登勢さん→しょうゆバター
キャサリン→サワークリームオニオン
※さっちゃんから下はうろ覚えです。
[PR]

by shougetu16 | 2008-01-31 20:52 | 銀魂活画(アニメ)

<< 墓場鬼太郎 第4話「寝子」感想 あっちでもこっちでもまりもっこり? >>