墓場鬼太郎 第4話「寝子」感想

今回もおおよそ初見感覚で視聴しました。
でもこの話もまた幾つかのエピソードを交ぜて再構成しているのは分かる。





(アニメ感想)

鼠や魚を見ると我を忘れ猫のような形相に変身してしまう寝子。
嘆く彼女のために鬼太郎はトランプ重井に働きかけ歌手デビューに協力するが、
ニセ鬼太郎の策略で寝子は川に落ち死んでしまう。

これはわかっていてもショックな展開。寝子が不幸すぎる…。
裏で金ヅル呼ばわりされながらも鬼太郎を助ける水木さんが格好良く、
鬼太郎はひたすら間抜けな役回りでした。でも可愛いぞ。
寝子は「妖怪」というより「猫憑き」っていう感じの描かれ方ですよね。
本性が妖怪なのではなくて、特異体質を持った人間ということ。
中川翔子さんがこないだ溶けるナメクジのモノマネを披露していたのを見て
これは寝子も期待できるなと思った通り、普段の美少女ぶりから振り幅が利いてたなー。
それ以外の演技…泣きとかはさすがに浅いかなと思いましたけど。
原作ではこの寝子の話と前回の吸血木の話が併行していて、
変身した寝子がねずみ男の脳の一部をかじったせいで
ねずみ男が吸血木の事を忘れてしまうという一幕がありましたが、
アニメではただかじっただけでそれ以上の意味は無いみたい。

さて、コンサート会場の混乱に乗じてすり替えられた鬼太郎のちゃんちゃんこ。
混乱しそうなのでちょっと整理します。
鬼太郎の本物のちゃんちゃんこは横縞柄で、ニセ鬼太郎のちゃんちゃんこは格子柄。
これがすり替えられて、今鬼太郎が着ているのはニセ鬼太郎の格子柄のちゃんちゃんこ。
(さらにニセ鬼太郎には左目があるし声も違うので両者の違いは一目瞭然。)
この事が次回の伏線なんでしょうけど、今回は説明の無いまま終わりました。
ニセ鬼太郎はちゃんちゃんこを着てあのまま地獄に行ったんだっけ。
霊毛ちゃんちゃんこを着ていれば地獄から現世に帰ってこられる筈なので、
それがちゃんちゃんこをすり替えた理由だったかもしれない。
とにかく次回を待つ!楽しみ!


++++++++++


ちょっと余談です。
ここまで進んだら、OPには出てくる空き家(?)の話はもうやらないのかなぁ。
怖い話ですけど、鬼太郎がロウソクの事がわからずボリボリ食ってしまったり
チョコレートにつられて鼠捕りに(手だけ)引っ掛かったりして間抜けで面白いんですけど
鬼太郎はもうだいぶ人間と関わっているし、あの話はこれからじゃぁ無理があるかな。
盗んだバイクで走り出すのも見たいけど自転車とかに変更されそうですね…。
[PR]

by shougetu16 | 2008-02-01 15:40 | 私的瑣談(雑記)

<< 最新二十二巻の表紙は・・・ アニメ第91話「やせたいなら動... >>