アニメ第92話「人の短所より長所を見つけられる人になれ」

「尺稼ぎの手段は原作ストーリーに水増し」なんてもう常識ではないのかもしれない。といっても毎回同じ手を使ってもマンネリ化するだけだし、さて次回はどんな手を使ってくるのかなぁ…ともう来週の事などを考えてみる。思いもよらない変化球と危険球と、そして直球を不意打ちに投げまくってくる銀魂は、珍しいくらいにエンターテイメントらしいエンターテイメントだなぁと思います。作文。

※2/9 加筆修正しました。




(アニメ感想)

●アバン
デジャヴな会話から5分間ぶっちゃけまくりの内輪ネタ。こないだはキメシーンで作画節約できるだの技の名前を叫ぶのが恥ずかしいだの古今東西のバトルアニメに喧嘩売ってましたが、今回は主に親戚に喧嘩売りまくり!そのうえ制作費回せとか水島監督に文句言われたとか!暴言は止まるところを知らずDVDのあざといジャケットまでネタに!盛大に吹き出しながら新八&神楽ばりに後ろに引っくり返りました。うわーナチュラルにギャグアニメのリアクションしちゃったよ。まぁ引っくり返ったのは汚れた絵から目を逸らすためなんですけど。どうしてこう喧嘩腰なんだろうかこのスタッフは…大好きです。本当に。

3年目決定の報も3月末まで引っ張らずさりげなく発表。濃い5分でした。


●本編
殺し屋亀の独り相撲と銀さんの犯罪行為。銀さんの覗きから端を発する勘違いの連鎖に次ぐ連鎖、ターゲットから表彰されるという皮肉で微笑ましい見事なオチ、展開の何から何までが計算し尽くされた秀逸回・・・なんだけど、アバンやCパートが濃すぎてちょっと印象薄かったな(笑)。レギュラーの登場人物が少ないうえに殆ど亀のモノローグだけで進んでいくというちょっと特殊なんですけど、杉山紀彰さんの熱の入った語りに緊迫感もあってとても楽しめました。インターホンは怖いです。銀さんあのタイミングで鼻血出したって事は見たのですかね。

・着替えをするお姉さん
短パン穿いてましたね。原作では完全下着姿でした。

・「死にたいのか~!」
自殺志願者にそれはないよ銀さん。

・表彰される亀
肩に乗った小亀たちに癒されました。生まれてるって事はちゃんと有精卵だったのかなぁ。亀吉ったらいつの間に…。表彰状に書かれていた「デューク亀山」ってのは亀のコードネーム?


●Cパート
単行本の質問コーナーをアニメ化。「新八の強さはコースケさん×3人分」って、単行本でも3人分でしたっけ。それにしてもDグレ宛てのあのハガキがアニメでもおいしい。(Dグレも東プロデューサーですよね。)工藤さんも見てたらぶったまげ。

・お通ちゃんの「お前の兄ちゃん××××」
ヤッホー!DVDのドラマCDでも流れなかった部分だこれー!サビは入りませんでした。


●次回予告
許可取ったのかな…円谷プロに。

●Dパート
前にも銀八先生でこんな事があってうっかり録り損ねて絶望したけど、今回は最後まで録ったぞ!ところで、次回予告とDパートとどっちが先だったかなぁ?
[PR]

by shougetu16 | 2008-02-07 20:59 | 銀魂活画(アニメ)

<< 墓場鬼太郎 第5話「ニセ鬼太郎」感想 銀魂二十二巻加筆修正チェック㊂... >>