墓場鬼太郎 第9話「霧の中のジョニー」感想

ねずみ男「バカ!」
鬼太郎「カバ」

こんな瞬間に ふとした幸せを感じる。





ある日空腹の鬼太郎は、”霧の中のジョニー”なる吸血鬼に狙われているという総理に護衛を頼まれる。ライスカレーを振舞われ鬼太郎は快く承諾。一方 ねずみ男は新聞の求人広告を頼りに、霧の中のジョニーの秘書となる。

わぁいジョニーだ!このキャラはなんだか好きで仕方が無いです。
(それを言うなら前々回の人狼のゼントルマンも好きですが)
実態は人殺しの化物でも、その人間性(妖怪性?)は陽気でなんだか憎めない。
なので最後やられてしまうのが残念なのですけども、今日読んだ妖怪雑誌で水木しげる先生が
『ゲゲゲの鬼太郎』の歌にもあるようにおばけは死なない、
鬼太郎に退治された妖怪たちも一時は消えてしまうが、
しばらくするとまた復活する
、と言っておられたのを見て安堵しました。

そうか、今までの奴らもみんな生きてるんだ。

そう思うととても嬉しくなってくる。

それにしても鬼太郎の生命力はとりわけムチャクチャですよね。
骨だけ残して肉を溶かされても、恐山の霊水に3年浸かれば元に戻るという。
ううむ、不死身の妖怪界では時間のスケールもケタ違いだ。
(アニメ化されていないエピソードだが「5年ぶりでメシにありつけるぞ」なんてセリフもある。)

今にもジョニーに溶かされそうな鬼太郎を、ねずみ男が友情(自称)から説得するのが面白い。
今までは散々殺そうとしていたのですが、なぜ急に。
いざ無抵抗にも溶かされるとなっては、さすがに同情心が芽生え・・・
・・・なんつっても気絶した目玉の親父は便所に投げて供養だしなぁ(笑)
変な所でドライでこっちまで妖怪的感覚になりそうだ。


次回はもしかして、ついにあの漫画家が登場ですか!?うわっはー楽しみだ!
あのスモッグのエピソードを2回に分けて最終回に入るのかな?
[PR]

by shougetu16 | 2008-03-07 21:31 | 私的瑣談(雑記)

<< 080309 日々の中の銀魂 アニメ第96話「男なら諦めるな」 >>