アニメ第100話「好かれないものほど愛おしい」

アニメ『銀魂』3年目突入。でもあんまり「区切り」の実感が無い。





(アニメ感想)

■本編
ジャンプで連載中の打ち切り寸前マンガ「ギンタマン」を面白くするため、マンガ家天地と担当小西に銀さんがマンガ指南。25の倍数回数なので恒例のとんでもないカオス来るかと身構えていましたが、目立った脚本水増しは無く、原作準拠で進めながらちょいちょい小ネタを挟んできてます。まぁこれは原作が既に(良い意味で)酷かったからな…。ジャンプネタ中心で非常に楽しかったです。しかしこれだけで終わるものか、このまま進めても時間が余るから、残りの10分くらいで何かやらかしてくるはず・・・と尚も緊張を緩めずにいたところへ始まったアニメ「ギンタマン」OP!か、完成度たけーなオイ!最終的にドラゴンボールになってるところがステキ。ちょっと意外だったのが小西のモザイクのカット。「チ●コ」発言こそ(申し訳程度の音をかぶせて)そのままだったけど、危ないネタにこういう無難な処理がされるのは珍しいなぁ。いやそれで当たり前なんだけどな。

あと3年目(今日)から、高松信司&藤田陽一の監督2人制スタート。藤田氏は今年に入ってからOPに「監督補佐」という役割で下準備されていましたが、元は絵コンテ・演出陣の1人。監督が2人になって変化とかどう出るのかな?心配は無いと思うけど。


その他 気になった小ネタ
・「週刊少年ジャンプ40周年記念作品」?
・と思ったら新OP後回し!何という焦らしプレイ
・マンガ『ギンタマン』の作り込みの細かさに脱帽しました
・やっと再開した「ハンガーハンガー」
・電車の中に破牙検事の事務所の公告が
・武蔵をさがせ!
・月ジャンもうねーよ
・ジャスタウェイをさがせ!
・思っていたよりウンコが多い天知の仕事場
・仕事場に螺旋階段って久保先生のことですか?
原木(荒木)先生は永遠の時を生きる妖精さん
・「秩父会」、「バカヅキ」・・・うまい
・屈辱の巻き戻し攻撃。銀さんドSww


■新OP:「曇天」/DOES
うっひゃーかっこいー!暗示的なタイトルと歌詞がいい感じです。もうじきに夕立が来る…。白夜叉銀さんらの動きまくるアニメーションも見応えありますね。そして万斉が・・・アッー!!! 「かさなる影」の時はあまりの不意打ちに面食らって取り乱して腰が砕けてしまいましたが、今回はしっかり心の準備をしておいたんで大丈夫。うあーでも正面のアップは殺傷力高いよ髪が靡いててあうあう


■新ED:「sanagi」/POSSIBILITY
キャラ達の子供時代。みんな幼児か児童くらいの年の頃だけど、近藤さんと土方は沖田に合わせてかだいぶ年上で描かれている。今まで子供時代が描かれていないキャラ達も取り上げてくれたのが嬉しかった。さっちゃんとエリザベスはごっさ可愛いけど屁怒絽くんが切ない…。このEDも「奇蹟」や「SIGNAL」みたいにいじり様がありそうなので期待。来週からのシリーズに出てくるあの人とか…。


■次回予告:「掟は破るためにこそある」
真選組動乱編スタート。ようやくまとまった感想が書けそうです。
[PR]

by shougetu16 | 2008-04-03 20:51 | 銀魂活画(アニメ)

<< オフィシャルアニメーションガイ... 第二百六訓  会ってもわからな... >>