第二百六訓  猫好きと犬好きは相容れない

簡易感想。さーて自動車学校行くべ。





●星吐が寄生したニャンコ軍団に襲われた金太郎・神楽・桂。追っ手を撹乱(?)し、神楽はなんとか金太郎を飼い主の老人の居る病院へ連れて行こうとするが…。今回は主筋より桂の肉球ラブっぷりに目がいきました。なんだこの可愛い男は!(笑) 扉絵もファンシーでとても可愛い。ちなみに私は猫派です。しばらく猫と一緒にいたら呼吸困難になって病院に担ぎ込まれた事あるくらいの重度の猫アレルギーだけど。(その病院で猫アレルギー発覚したんですけど、「毛のある動物はみんな飼っちゃ駄目です。鳥も駄目です」とドクターストップがかかってしまいました。ショックだった。)

●じいさんの「誰にも気付かれずひっそりと死にたい」という言い分が猫っぽいなと思いました。(たしか猫は死ぬ時は飼い主の前からふっと姿を消すんだとか聞いた事があるんだけど、本当ですか猫飼ってた人。)じいさんは金太郎のこと普通に大好きですよね。でなければもそも拾わなければいいんだから。じいさんが急に起き上がって息子を鞭打ちにして行ったってのがまた超展開を想わせて怖いけど、最終的にはストレートにやってくれそうかな?


●ツボ①…「さあくるがいい肉球達よ その肉球で俺を…俺をォォォォ」
●ツボ②…「ダメだよコレ神楽の代わりのメンバーだから スザンヌ」
●ツボ③…「よろしくなスザンヌ」 「足引っぱらないでよね♡(桂裏声)」


※銀魂Gクリアコレクション
真選組動乱編がメインのようですアッー!!! 「次回総力特集」と書いてあるので期待してみるけど、伊東先生は居るんでしょうね?
[PR]

by shougetu16 | 2008-04-15 11:26 | 銀魂感想(本誌)

<< 四月十七日はハタ皇子の誕生日 ジュウシマツⅢ >>