第二百九訓  酒の勢いに任せるな

体調だんだん良くなってきたけどなかなか全快しない。昔はこんに長引かないで一晩寝れば大体良くなってたんだけどなぁ。随分と体力が落ちたものだとしみじみ。それでは簡易感想です。





●星吐の猛襲を神楽に任せ、じいさんと最後の散歩に出る金太郎。最後まで罵り合い意地を張り合いながら、じいさんの傍で静かにくたばった金太郎。そして金太郎を看取りくたばったじいさん。一話目でものすごい迂回したけど、最後はストレートに泣かしにきましたね。でも感動ものは感想書きにくいな…感動しにくいタチだから。動物もののドキュメントとかはテレビで観るといつも泣いちゃうんだけど、この話に泣けないのは金太郎が人間過ぎるからだろうなと自己分析。獣には感情や知性はあっても思想は無い、だから無垢で健気で愛しい。チャッピーに元気になって欲しいです。「護るために戦う」神楽は格好良かった。

●サブタイトルはたった二ページのネタのためだけに。「酒の勢いで交配して生まれた」ってのがどことなく切ない。酒の勢いでチョメチョメできるほど近くに居たって事は、星喰と星吐って実は仲良い時もあるんじゃ?Ωが地球に降りてきてスザンヌもといΩ美が焦げてるあの状況がにわかに飲み込めなかったんだけど、あれΩがスザンヌに降りちゃったって事か!イヌネコに寄生するより悲惨だなそれ!(あの「カッ」ってシーンは桂がサイヤ人よろしく降り立ったようにも見えたんで三回程見返して漸く理解した)


※ジャンプGOGOオリジナルグッズプレゼント
銀魂は万事屋銀銀懐中時計。懐中時計良いなぁ。文字盤の漢数字が素敵。

※アニ基地!
ルビ間違い発見。「まんさい」じゃねえよ「ばんさい」だよ!
[PR]

by shougetu16 | 2008-04-22 10:47 | 銀魂感想(本誌)

<< アニメ第103話「長所と短所は... アニメ第102話「オタクは話好き」 >>