第二百十五訓  ケンカの横槍は危険

病院の帰りに本屋に寄ってジャンプを買おうと思ったら、また道に迷いました。前回は根気強く一時間くらいさ迷ってしまったので、今回は三十分歩き回ったところで諦めて引き返しました。本来なら十五分で着くらしいのに…。(ジャンプは妹が買ってきてくれました) 簡易感想です。





●激突する神威と鳳仙。腕一本と一人の命を代償にしてやっと鎮まる夜兎族の喧嘩が壮絶。こんな手駒が揃っている春雨に鬼兵隊などが同盟相手として釣り合うんだろうかなどと考えました。それはとりあえず置いといて、今回誰が一番格好良かったかというと鳳仙に左手落とされたあのむさい人ですよ。月詠のクナイを歯で止めた時からちょっと気になってたんだ(オッさん好きレーダー反応してました)。もう一人のごつい方の人・云業は名前が明らかになるなり死んでしまって哀れ。傘ごと胸を貫かれて即死に見えるけど、威力や強度の力関係「夜兎族の腕>夜兎族の傘>松っちゃん砲」ですか。松っちゃん砲の凄さがどんどん下がっていっている…!幕府がかなり心配。

むさい人の大人な対応で、神威の“恐ろしさ”よりも“子供っぽさ”の方が際立って見えました。鳳仙(吉原)&春雨のタッグという訳ではないようなので、これから万事屋と月詠が相手にするのは<吉原>と<神威>の二つ。神威は任務そっちのけで遊ぶような団長なので、鳳仙に興味を無くしたらさっさと帰っちゃうような気もします。本来の目的は部下のむさい人が済ませてくれそうだから、それが終わるまで神威は吉原をぶらぶらするんだろうか。次週あたり万事屋が百華とやり合っているところへ上から神威が降ってくるとかありそうだなぁ。流れ的に神楽と神威が再び合間見える状況は必至に見えますが、万事屋の任務としては必ずしも神威とやりあう必要はないんですよね。神威に行き会ったら、神楽だけが「妹として」兄の元へ向かう事になるんでしょうか。神威はこのシリーズでは顔見せだけの可能性だってまだある。


●さて“はちきれピーチ三太夫”と名乗り鳳仙の元へ乗り込もうとする万事屋…。なんて見事な虚乳!(「巨乳」にあらず) 一ページ前までの落差がなんか好きです。神楽と新八は前回から百華の変装をしてたけど、銀さんはどうするんだろうと思ってたら銀さんまではちきれ姿に!ちょっと可愛いと思っちゃったじゃないですか。あの虚乳がものっそ余計に見えるけど、実はシリコンじゃなく打倒吉原の秘策を隠しているとか?もしくはクナイが刺さる直前にエアバック状になって身を守るんですよ。何その気持ち悪い防具。そういえば今回は完全に晴太の存在が消えてましたね。あの部屋にいて無事で済んだのかどうか。


●神威・神楽兄妹のネーミングについての追加情報…北海道積丹町に「神威神楽」というその名もズバリなお神楽があるんだそうです。ニシン漁の盛んな頃に行われる豊漁祈願のお神楽で、その奉納舞が行われる神社が神威神社という。(ちなみに積丹町は空知支庁ではなく後志支庁。)これは怪しそうだ。手掛かりを求めてさらにググっていると、今度は「神威神楽団地」なるその名もズバリな団地も発見しました。こちらは空知支庁の歌志内市にあり、住所にもまた「神威」の文字が…。ううむ、元ネタがお神楽よりも、団地の方が銀魂らしい…かも?

北海道獅子舞(神楽)一覧 神威神楽の事はかなり下のほうに書いてあります。
シルバーハウジング北海道・東北 シルバーはシルバーでもそっちのシルバー



ジャンプスーパーアニメツアーの『銀魂』
「公共の電波に乗せられない過激エピソード」だそうです。想像を絶する世界が…

七月四日発売の小説版3Zに
鬼兵隊のZ組バージョンのピンナップが付くらしいぞ!どうなるのかな~ワクワク
[PR]

by shougetu16 | 2008-06-10 11:24 | 銀魂感想(本誌)

<< アニメ第110話「人は皆 自分... 鬼兵隊がついに… >>