DVDシーズン其ノ弐第12巻 感想

e0002518_19361644.jpg銀魂 シーズン其ノ弐12

第94話~第97話までを収録

OP:「かさなる影」 Hearts Grow
ED:「Speed of flow」 ロデオキャブレター



ジャケット裏の美術カットは人工惑星アトラス…荒廃した文明…。

◎初回限定版のみ封入
・3年Z組バージョンアナザージャケット(近藤勲)
・特製ジャケットサイズカード
・シーズン其ノ弐全巻限定版購入者特典応募券⑫

◎映像特典
・第96話の画面サイズ16:9バージョンを収録





やぁ~っと近藤さんがやっとジャケットに登場!写真ぽい雰囲気で「局長」の風格漂っていて格好良いです。対して3Z版ジャケはマダオ全開な感じ。躊躇うことは無いですぞォやったれやったれェ!


では各話感想のリンクです。(1話ずつにコメント付ける風にしました)

第94話「電車に乗る時は必ず両手を吊り革に」
大江戸線キン肉バスター痴漢事件発生編。テレビ放映時とは違うと思われるシーンを発見。長谷川さんにキン肉バスターをかけられたギャルですが、テレビではスパッツでパンツガードされてたと思うんですけど、それが原作通りのパンツ丸出しに直されてました。テレビ版は夕方枠への配慮だったのでしょうか、DVDでは規制が外されマニアックな本格派のサービスシーンへと生まれ変わっています。男子諸君、銀魂でパンチラなんぞが拝めるのはこの巻だけですよ!これは即買いだ!


第95話「男達よマダオであれ」
大江戸線キン肉バスター痴漢事件裁判編。こちらは改めて書く事は無いか。ついでに書くと、しつこいようですが、EDのエリザベスが本当の本当に格好良い。あのエンジンかけてブオオオーと走り去っていく後姿がたまらんのですよ。もー見るたびに惚れてるんで、今はこれが1番好きなEDかもしれない(もちろん曲も含めて)。


第96話「男なら諦めるな」
前にエリザベスかっけー!と叫んだなら今度は星海坊主かっけー!と叫ぶ。本気の本気でチョカッコイイ!(※) DVDには映像特典として、画面サイズが映画と同じ仕様の16:9のワイド版本編も収録されています。映像特典じゃない方の本編は、通常サイズの3:4の中に16:9の画面を入れているから画面が小っちゃい。テレビ版では始めから16:9で放送されて、CMオチから万事屋に映像が引いたところでヒュッと3:4に戻っていました。DVDの映像特典では万事屋のシーンになっても16:9のままで、最後まで映画仕様。ここはテレビ版の「現実に戻った」演出の方が好きだったな~。

※チョカッコイイ…「超ドッキンミラクルカッコイイ」の略


第97話「昔の武勇伝は三割増で話せ 盛り上がればいいんだよ盛り上がれば」「花屋とかケーキ屋の娘に男は弱い」
96話の星海坊主の戦闘シーン同様、ED主題歌「Speed of flow」が効果的に使われているAパート。ルパン3世なキャッツパンチOP映像の完成度の高さは何度見ても笑えます。(そして呆れます。)こういう時に「無駄に力が入っている」という表現をよく使うんですけど、再現度が高ければ高いほどネタとしての完成度も高く笑える訳で、またパロディシーンへの力の入れ方は両作品への敬意の表れでもあると思うので、そこに注ぎ込まれた力は作品の質を高める上で本当の「無駄」じゃあない。本編中のチャーリーズエンジェルパロも本当に”無駄”に素晴らしいクオリティでした。テコ入れ回の「タマキュア」変身シーンは作画監督が本家の変身シーンをコマ送りで観てコマ単位で再現したという噂を聞いたんですが、今回のチャーリーズエンジェルもそんな感じで描かれたんじゃないかと思いました。/そして万事屋グラさん大活躍のBパート。神楽に乳掴まれるさっちゃんとか、銀さんの布団にもぞもそ入り込むさっちゃんとか、銀さんの腰にしがみ付いて引き摺られるさっちゃんとか、可愛いなぁ~…としみじみしてたら何故か泣きそうになりました。情緒不安定でいけない…。
[PR]

by shougetu16 | 2008-06-28 19:59 | 銀魂活画(アニメ)

<< 二〇〇八年上半期のまとめ 今年... 六月二十六日は桂の誕生日 >>