アニメ第114話「プリンに醤油かけたらウニの味がするって言うけど

プリンに醤油かけてもプリンと醤油の味しかしない」(ここまでがタイトル)


思えば「○○と××を合わせると△△になる」という類の食べ合わせを1度も試したことが無い気がする・・・。気になるけどプリン+醤油だけは実験する気になれない。ウニが苦手だからです。





(アニメ感想)

■前提供
えー洞爺湖サミットに何も乗っからないの!?(ちょっと期待してました)
洞爺湖町のお土産屋さんは銀魂に乗っかりまくっているんですけどね。


■本編
(あらすじ)最愛の娘・栗子に寄り付く悪い虫を駆除するために松平に遣わされ、一時的に彼氏の振りをした土方だったが、栗子にすっかりその気になられてしまう。万事屋の協力を得てなんとか嫌われて別れて貰おうとあの手この手を尽くすが栗子は動じない。栗子を傷付けないように別れる最後の策として、土方はマヨネーズ星へ帰る事にするのだった。

アニメオリジナル回。ネタに関しては”完全なオリジナル”というより再利用ものが多くシチュエーションも展開も割とありふれたもので女性ファンの反応が怖い内容でございましたが非常に手堅かったと思います。栗子ちゃんも期待通り「彼女にしたい娘№1」な感じで可愛かったですし、何より荷車に乗せられ護送されていくマヨネーズ星人という絵面が最高に間抜けで・・・脱力・・・へへ・・・。別れのシーンもすっごく良い雰囲気なのに、あの、マヨネーズの着ぐるみのせいでまるで締まっていないのが何とも言えませぬ。さじ加減が絶妙だなぁ。どんなに良い雰囲気になっても「忘れないでくださいこのアニメは銀魂です」というお茶目な注釈がずっと脳裏にチラついてくるんですよ。土方も最後の方はなんか楽しそうだったよねノリノリだったよね、マヨラー仲間に喜んだりとか、可愛いなお前!前回みたいなあからさまなアレではありませんでしたが、『カリオストロの城』ラストのルパンとクラリスの別れのシーンの模倣・・・でしたか?「貴女の心です」的な事を言うインターポールな謎のオッさんが出てくるかと一瞬待ち構えた私はいたって普通の筈でございまする。


土方への恨み節
万事屋がチンピラになって土方&栗子に絡むコント中、「キザったらしいセリフばっか言いやがって」だの何だのと(1番キザったらしい事言うのは銀さんでしょ!)どさくさに紛れて日頃の土方への鬱憤を吐き散らす3人組。中でも新八がDVDのジャケについて恨み言言ってるのに噴いた・・・!もっともだけども!シーズン其ノ弐のジャケットの最多登場しているのは銀さんで6回、次に多いのが土方で5回ですね。総計すると(未発売分も含むと)以下の通りでございまする。

銀さん 6回
土方 5回
高杉 3回
沖田 3回
桂 2回
神楽 2回
新八 2回
山崎 2回
近藤さん 1回

シーズン其ノ参はどんな風になるんでしょーか。


■次回予告:竜宮編スタート
久々の劇場版風予告。この始めの1話が1番楽しみ。あの雲・・・絶対中に○○○あるネ!
[PR]

by shougetu16 | 2008-07-10 20:44 | 銀魂活画(アニメ)

<< 我が身辺に銀魂ウイルス拡大中 洞爺湖サミットに木刀の影 >>