DVDシーズン其ノ弐第13巻 感想

e0002518_17194115.jpg銀魂 シーズン其ノ弐13

第98話~第99話までを収録

OP:「かさなる影」 Hearts Grow
ED:「Speed of floe」 ロデオキャブレター



ジャケット裏の美術カットはOwee争奪戦が繰り広げられたヨドバツキャメラの外観。

◎初回限定版のみ封入
・シーズン其ノ弐のジャケットに登場したキャラクターが総出演したスペシャル描き下ろしカード
・三年Z組バージョンアナザージャケット(ハタ皇子&じい)
・特製ジャケットサイズカード
・シーズン其ノ参全巻限定版購入者特典応募権⑬

◎映像特典
・「銀魂すべらない話」(キャストとスタッフのグダグダ座談会)
・DVDシーズン其ノ弐 TV-CM集





何のアニメだよ!という少年漫画的バトル路線な銀さんと高杉のジャケットが目印なシーズン其ノ弐最終巻。現在は敵対する銀さんと高杉の関係性がとかじゃなくて、「こういう風にするしかないよな」感がやや切なくも思えます。下の写真は3Z版アナザージャケと、ジャケット登場キャラ総出演描き下ろしカード。描き下ろしカードの裏には名コンビ人気投票の結果が載ってました。近藤さんギリギリじゃないか…!

e0002518_17294860.jpg

さて、シーズン其ノ弐全巻限定版購入者特典応募券はこの巻で全て揃ったんですね。(特典はオリジナル特製トランプ。)応募締め切りは2008年9月30日。応募券全部はもちろん送料分の切手も同封しなきゃいけないんで気を付けよう!じゃあ出してきます!


収録内容(各話感想に飛びます)
第98話「ゲームは一日一時間」
第99話「人生もゲームもバグだらけ」

99話は一部地域での最終回。前の巻から一話ごとにコメント付けるようにするつもりだったんだけど映像特典(というか音声特典)の座談会が濃すぎたのでパワーをそっちに回したいのでコメントは端折ります。この前後編かなり好きだ!とだけ書いておきます。いや やっぱもう一言。(一部地域の)最終回で「人生もゲームもバグだらけ」ってサブタイトル、なんか沁みます。


★映像特典「銀魂すべらない話」

出演/杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、千葉進歩、中井和哉、鈴村健一、高松信司、藤田陽一

またの名を底上げのウニ!(by阪口さん)3年目が急遽決まって嵩が足りなくなってしまったDVD13巻の残り時間を埋めるため、2日前くらいに急遽企画されたというキャスト6人+スタッフ2人によるグダグダ座談会。(朝4時収録だそうです。)画面はいつもの時間稼ぎに使われる万事屋外観の1枚絵(収録時刻に合わせて夜空がだんだん白んでいくというオプション付き)のみで、座談会の音声が延々流れるだけ。足りない時間はアニメ本編2話分という事で座談会もたっぷり1時間続きます。本当にただの雑談なんだけどこれぞ現場の雰囲気なんだろうなぁという楽しい座談会でした。面白い話もたくさん聞けて良かったです。「底上げのウニ」じゃないよ「あっ発泡スチロールじゃなかったまだウニ入ってた」だよ!

皆さん一気に喋ったりぼそぼそもそもそ喋ったりするので、ヘッドホンかイヤホン装着で聴いた方が良いです。まず千葉さんの普段の話し声が近藤さんと全然違う事にビックリなのでした。いや千葉さんは基本美形声っていうのは知ってたんですけど、最近は近藤さんしか聴いてなかったのでとにかく違って驚く。内容は企画会議(?)とかプロデューサーさんの格好いい裏話とかレギュラー・ゲスト声優さん達のアフレコ裏話(石丸博也さん、小野坂昌也さん、矢田耕司さん、飛田展男さん、島本須美さん、石田彰さん他)なんですが、それがいつの間にやら若本さんの話ばかりになっているという若本さん大リスペクトな内容なのでした。(杉田さん・鈴村さんのモノマネがまた上手い。)しかもその流れで「このあと若本さん来るんでタイトルコール入れて貰いましょうか」という話になって、本当に若本さんの声であの番組風のタイトルコールが入るという(※)、場のノリ重視なフリーダムさ。脚本とか作画も正にこういう感じでどんどんスレスレな方向に転がっていっちゃうんだろうなぁ…。

※「あの番組」…若本さんはこの座談会のタイトルの元ネタになっている番組のナレーションをしてらっしゃいます。(→『松本人志のすべらない話』)

個人的に1番収穫だったのは中井さんいじり(?)でした。杉田さんにパパラッチされた話とか(笑)。しかもかなり興味のあった、タマ菌回のBパートで憧れの姫ねえさまの愛機に乗せられたこと(真選組キャスト陣はこの後に113話「便器を磨く事これ心を磨く事なり」の収録を控えていたようです)や、憧れの島本須美さんにゲボを吐かせたという銀魂の悪行についての中井さんの心境を聞くことができたんですよ!

>俺の大事なものを銀魂はどんどん壊して…
>甘酸っぱい思い出ががらがらがらがら…

この辺のぼそぼそ喋りでいじけてるみたいな中井さんが終始可愛くて困る。鈴村さん曰く、収録中にはそんな素振りはなかったのに、後の取材で「(島本さんのことが)実は大好きだったんですよ!」(←テンションクレッシェントで)とちょっとコワレ気味なくらいにぶっちゃけていたとか。・・・銀魂って酷だよね。(もっかい書いときますがこの日の中井さんはタマ菌回の収録を控えています。)


じゃあこの辺でおしまいにします。
[PR]

by shougetu16 | 2008-07-25 17:39 | 銀魂活画(アニメ)

<< こーまったこーまったこーまつー... アニメ第116話「亀の甲より年の功」 >>