アニメ第121話「素人はプラスとマイナスだけで十分だ」

こういうの見るとゲームやりたくてムラムラします。今やりたいのは主にポケモンとかぷよぷよ。






(アニメ感想)

■オープニング
今まで伊東先生のいたカットに伝説のハンターが!なんかカッコイイ。


■本編
キャトルミューティレーションで体の一部をドライバーに改造されてしまった万事屋三人組が、犯人ゲーマー星人の手掛かりを求めてオンラインゲーム「モンキーハンター」に乗り込む!いよいよ始まりましたのっけからシモ全開のモンハン編。銀さんのアナログスティックがボックスドライバーに!これが出たのならきっと原作通りの怒涛のラストになだれ込んで行ってくれるに違いないと信じています。ゲーム内のキャラのセリフのオプションもそのまま表示される仕様のようで、小さくて文字が読み取れないような遠くのオプションまでわざわざ表示させてるのにこだわりを感じました。今回も「PSP」という直接的な単語にピー音が被せられていたんですが、いつものように全く意味を為していません。もう本来の目的じゃなくてピー音自体をネタにしている風です。ゲーマー星人の先輩の声が似像さんの人(青山穣さん)でしたね。洋画の吹き替えとナルトと銀魂以外では初めて聞いたかも…しかもこういうギャグキャラも見たこと無かった気がします。素敵。あと関係無いんですが、銀魂見入ってたら忍たま見逃しました。むぅ。


■アイキャッチ
の前に「モンキーハンター」の偽CMが流れて、途中まで本気で本物の新作ゲームのCMかと思ってました。立木文彦さんナレーションのCMなんてよくあるから余計に違和感無くて。見返してみれば始めの任天堂らしきロゴからちょっとおかしかったんですね。(主に色合いが)
[PR]

by shougetu16 | 2008-08-28 19:49 | 銀魂活画(アニメ)

<< DVDシーズン其ノ参第1巻 感想 八月二十六日「私は泣きたくない... >>