忍術学園は大好きですから

諸々の理由で水曜・木曜・金曜の話は見逃しました。※加筆修正しました

■八月二十五日 「火縄銃コンテスト」の段
忍術学園の火縄銃コンテストには組からエントリされた虎若が、「火縄銃の名手・照星さんの弟子だから」というプレッシャーに悩まされる話。終始照星さんの幻影に悩まされ・また励まされる虎若に「照星さんはまだ死んでないぞ!」と突っ込みを入れたくなる罠。三木ヱ門は当然として、コンテストにエントリしている生徒達の中に食満らしき後姿が見えたのが気になりました。あの茶筅髷は食満だよね…?火縄銃上手いんだろか。完全にモブと化していましたが久々知とかにも目が行きます。

■八月二十六日 「私は泣きたくない」の段
別記事⇒【感想はこちら】 こまった就職どころかこまった人生状態でもはや生きるのを諦めるべきだろうかという投げ遣りな思考に陥っているところを、よく小松田さんに救われます。諦めてはいけない、小松田さんだってあんなに頑張っているじゃないか、と。それはともかく、そろそろ自滅している小松田さんが恋しくなってきました。穴や溝に嵌ったり何も無い所ですっ転んだり、用具倉庫のチェック中に備品の雪崩に遭ったり、廊下の雑巾がけでF1ごっこしてたらヘムヘムの悪戯で頭から庭に落っこちたりするドジでお茶目な彼が大好きなので、そういう所をもっと見たいんです。失敗して涙目になっていてこそ小松田さんだと思うんだ。F1ごっこはほんと萌えすぎて死ぬかと思った…なにあの生き物(←「沖で魚釣りの段」)※F1ごっこ…廊下に雑巾を置き、手をついてスタンバイ。真剣な面持ちで「ブン…ブン…」と静かにエンジンの回転数を上げ(ここは口でブンブン言う他に本物のエンジン音みたいなSEが入ります)、「スタート!」の掛け声と共に急発進。「ぶおんぶおんぶおんぶおーん!」とか言いながら猛スピードで雑巾がけをする。おばか。

■八月三十日 「教師への道」の段(第十期再放送)
突庵望太と北石照代の就職難コンビが、忍術学園の教師になるため地道に学園でアルバイトする話。これ、比較的最近に再放送で見た気が…?月夜のすすき野で笛を吹いてる乱太郎に笑った。何かがおかしい。あれは突っ込み所ですよ…ね。照代さん可愛いなぁ。

■16期オープニングについて
小松田兄弟の回を録画しました。それでやっと今期OPをスローでじっくり観られるようになって色々発見しています。一瞬だけ画面を横切る水軍さん達を一人一人視認したりとか。(よし全員何処にいるか把握した!)忍術学園の面々が総登場?するサビ部分では、文次郎・食満・長次が実はかなりアクロバティックな動きをしている事が分かりました。文次郎が後ろに飛び退いたあと宙返りしている、長次がフレームアウトしたあと後方で落下しているのが見える、食満の動きが無駄にカッコイイ、など。小平太が一瞬すぎて全然分からなかったのもやっと見られた!と思ったら歌詞で顔が隠れてた!…ひどい…。小松田さんも一瞬だから見逃しがちで、シナ先生のエロい身体つきに見蕩れていると(シナ先生だけ作画の気合が違う気がする)もういなくなっているんです。スローでやっと表情まで見られた。かわいかった。しかし一番あっと思ったのは「♪忘れないでね」のところで一瞬だけ出てくるサブリミナル斜堂先生でした。何あれ!?

※今後の放送予定について
九月からまた月~金曜日は第三期の再放送になるそうです。懐かしさに浸ってきます。土曜日は変わらず十期の再放送みたいですね。公式サイトの予定表見たら九月二十日に長次とカメ子の話(「図書室の人の段」)をやる予定みたいです。やった!三期は順不同で再放送してるっぽいけど十期の方は順番通りに放送しているようなので、予定通りにいけば「美しき青春の段」も年末頃に来るかな。でも十期ってどれも割りと最近に再放送されていたような気がする回ばっかりだなぁ。
[PR]

by shougetu16 | 2008-08-31 16:05 | 忍たま・落乱

<< 第二百二十六訓 手をばす程に遠くなる 【ポケベル持った】忍たMAD漁... >>