単行本第二十五巻 感想

e0002518_1317233.jpg表紙は吉原の番人月詠でありんす。かっこいい。本編とは帯が違いますね。次巻は神威あたりがくるかなぁ。背表紙のディフォルメキャラはまた子。かわいい。二十四巻表紙の時と足袋が左右逆になっている気がする。よく見ると髪飾りみたいなのしてますか?

帯にアニメDVDシーズン其ノ参第二巻のジャケットイラストが載っていました。土方と伊東が道場の外で打ち合って稽古しているところを、近藤さんや沖田が見守って(?)いるという場面。とっつァんや将軍もいますね。アニメの内容を思うと、切ない絵だなぁ…。





■収録内容
本誌掲載の当時の感想を表示します。

第二百十訓「財布は尻ポケットに入れるな」
第二百十一訓「綺麗な薔薇には棘がある」
第二百十二訓「晴れの日に雨傘さす奴には御用心」
第二百十三訓「見開きを使うとジャンプっぽい」
第二百十四訓「決闘前には用を足せ」
第二百十五訓「ケンカの横槍は危険」
第二百十六訓「微乳と美乳を同じだと思ってる奴が多いけれどもランボーと乱暴くらい違うからね「相棒」と「あっ疣」くらい違うからね」
第二百十七訓「人生は選択肢の連続」
第二百十八訓「兄妹喧嘩を止められるのは母ちゃんだけ」

★空前絶後のバカ対談企画 洞爺湖サミット2008

今本誌ではクライマックスを迎えている吉原炎上編がスタート。一冊まるまるシリアス長編というのはこれまでもありましたが、次巻までもがまるまるこのシリーズで埋まるというのは初めてですね。(次発売のジャンプに掲載される分で、丁度二十六巻も全部埋まる量になります。)当時の感想を見るとかなーり燃えてますね、私が。(情緒不安定でテンションに波があったけど。)見開き使って神楽の兄ちゃん登場したり本気で銀さんが敵いそうも相手が敵になったり夜兎族同士の熱戦が繰り広げられたり、少年漫画の王道を貫く熱い展開に本当にオラワクワクしっぱなしだったんですよ。これだから少年漫画が好きなんだ!アニメで見てみたいなぁ シーズン其ノ参の末期とかに期待してもいいですか。

加筆修正チェックは今回もやりません。晴太とか神楽の表情があちこち直されてますね。


■おまけページ
洞爺湖サミットに訪れた各国首脳に銀魂ファンが期待していたことを、空知センセイも期待していたということでした。いやぁでもシークレットサービスな木刀を買っていった人達の中に実際銀魂ファンがいたそうですし、銀魂効果による木刀の売れ行きも(「銀魂」というタイトルこそ出されなかったものの)全国放送で紹介されたりしていたので、全くの期待外れという事は無かったんじゃないでしょうか?

洞爺湖サミットに木刀の影(当方記事)

対談企画収録のため、読者ハガキの紹介コーナーは一切無し。次からはガンガン載せてくれるそうなので期待してます。「天人考えてくれやのコーナー」の中二天人特集みたいなのが見たいよ。


追記:エリザベス先輩お誕生日おめでとうございまああああああああ!!
[PR]

by shougetu16 | 2008-09-07 13:18 | 銀魂談義(その他)

<< 第二百二十七話 絆の色は十人十色 忍たMAD漁り・その九【シュール】 >>