アヒル一号が沈んでしまった!

本編はあらかた削除されたようなので思い出しながら書きます。
土曜発売だったジャンプの感想はたぶん明日です。

■九月十三日「おりんの腰痛」の段(再放送)
しまった小松田さんが出るの分かってたのに録画するの忘れてた!ガッデム!第十期は小松田さんがメインに絡んでくる話も多いので土曜の再放送は要注意なんだよ。メモしておくように。(次の土曜日は長次とカメ子の話だったかなぁ。)おりん婆さんは人から受けた好意を素直に受け取らないのは勿体無いとは思わないんだろうか。ああマツタケご飯が食べたいなぁ。

++++++++++

■「真夜中の委員会」の段
前後編の前編。十キロ算盤を抱えてランニングする委員会の下級生達の後ろを「ほっれほっれ★」と言いながら追い立てるもんじにきゅんとしました。なんでそんなに嬉しそうなの!しかもニコで見た時そのシーンに「ほ~ら早く走らないとパパが捕まえちゃうぞ~」みたいな字幕が出てものっそ吹きました。な、ナイス!似合いすぎる!(私は「ほれほれおじさん」という名前を思い付いたのですけど。)池の中で岩に寄り掛かって寝ているところでは「終電疲れのサラリーマン」とか言われていたのにも納得でした。もんじの寝顔萌え。なんか母性本能を擽られた。そして保健委員のあまりの不運ぶりに涙が出…そうで出ませんよ。切なすぎるよこの委員会…。事後報告ですが今日から文次郎をもんじと呼ぶ事にしました。

忍たま感想記事のタイトルはいつも本編中のセリフから選んでいるんですけど、今日は伊作のセリフと迷いました。「水の中で…小便をしてはいけない!」とか「違う!足が腐る!」とか好きなんですけど、あれは伊作の大真面目な顔を見ながら聞くから面白いのかなぁと思ってもんじのセリフに。ああでも、「足が腐る」良かったなぁ。

■「用具委員長初登場」の段
前後編の後編。食満初登場。かっけぇな食満。十六期も見逃した話が多いので違うかもしれないのですが、この一回のためだけに食満といったらアヒルさんというキャラ付けが定着してしまったのでしょうか。アヒルマンになったのはしんべヱなのに。ああ声出して笑ったなぁ。「お前がアヒルさんを修理しておかないから」「お前がろくな予算を回さないから」と勝手に取っ組み合いの喧嘩を始める役に立たない委員長達をよそに、しんべヱの手当て(?)の準備をする一年生達の様子が微笑ましかった。喜三太のくしゃみ可愛い。

■「対決!学園長対土井先生」の段
学園長対六年生も見ものです。珍しく格好良い伊作が見られた…と思ったら頬を染めないでください先輩 反則です。仙蔵は良い笑顔で有無を言わせず学園長を爆破!なんというドSの貫禄。小平太が走る前に首をコキッとやる仕草がなんか良かったです。あと「いけいけどんどーん!」の声がいちいち可愛い。文次郎はギンギーンしか喋ってませんでした。もはや鳴き声ですねこれは。六年生はさすがに強いんだなぁ。けど喜車の術に安易に引っ掛りすぎだよ。学園長を軽くあしらう土井先生も格好良かった。若いって強いです。でも精神力は学園長の方がずっと上?
[PR]

by shougetu16 | 2008-09-14 10:50 | 忍たま・落乱

<< 第二百二十八訓 昼間に飲む酒は... 忍たMAD漁り・その十一+成分解析 >>